「カダイフ」トルコなどで使われる極細の麺 各国で別名

111swadMVjBIfw
小麦粉でできた極細の麺
カダイフ
kadaif

クナーファ(アラビア語: كُنَافَةٌ‎ UNGEGN式: Kunāfah)は、中東とバルカン半島の菓子(ペイストリー)、またはその材料となる、小麦粉で出来た細麺状の生地である。クナーフェ、クナフェ、ケナーフェなどと発音および表記する場合もある。
>トルコでは、クナーファ生地をカダユフ(トルコ語: Kadayıf)と呼び[8]、菓子クナーファをキュネフェ(tr:Künefe)または カダユフ・ドルマ(「カダユフ包み」)と呼ぶ。カダユフ・ドルマに関しては、ルーツの論争がある[9]。カダユフ生地をパンで代用すると、エクメク・カダユフ(Ekmek Kadayıfı)というブレッドプディング風の菓子となる。
ギリシアではクナーファをカタイフィ(ギリシア語: Καταΐφι, Κανταΐφι)と呼び、カスタードクリームやナッツを包む[10]。
ブルガリアでは生地と菓子両方をカダイフと呼び、ナッツを包む[11]。
アルメニアではナッツを包んだ菓子をテル・カダイフまたはクナフェ、チーズを包んだ菓子をバニロフ・テル ・カダイフと呼ぶ。前者には好みでイチゴやカイマクを添え、後者にはシロップをかけた後で刻んだピスタチオをふりかける[12]。
フランス料理やイタリア料理ではクナーファ生地をカダイフと呼び[8]、デザートのほか、魚や肉を包んで調理するのに使用される。
引用元: クナーファ – Wikipedia.

 中東のお菓子なんかに使われる、細い小麦の麺状の食品。またはそれを使用したお菓子の事。
 直径0.6ミリくらいの細さで、お菓子として食べる際に、蜂蜜やシロップ、オレンジジュースに浸すことが多い。そのまま食べたり、カダイフの間にクリームチーズを挟んだり、上にカイマック(Kaymak)と呼ばれる羊の乳を煮詰めて作るクリームをかけて食べる。
 トルコではカダイフ(kadaif)、イスラエルではクナフェ(knafeh)、ギリシアではカタイフィ(kataifi)と呼ぶ。中東各国に同様の食材があるが、きりがないし、読めないのでやめた(笑)。
 これがフランスやイタリアに伝わって、ベトナム料理の揚げ春巻きのように、食材をくるんで揚げたり、アミューズやアントレ(アンティパスト)、デセール(ドルチェ)に使われるようになった。今では、フランス製やイタリア製のカダイフも作られている。
引用元: カダイフ(kadaif)/クナフェ(knafeh)/カタイフィ(kataifi).

カダイフの扱い例
カダイフは小麦粉で出来た揚げ物、焼き物用の衣。パン粉のかわりに使えば、かんたんに­食感サクサクの新しい揚げ物、焼き物メニューが出来上がります。カダイフの扱い方と調­理例を紹介しています。
映像では以前取り扱っていました500gパックを使用しておりますが、現在は250g­パックになり使いやすい規格になっています。
引用元: カダイフの扱い例 – YouTube.