【関東】ワカシ、イナダ、ワラサ、ブリ【関西】ツバス、ハマチ、メジロ、ブリ

次の名前を
魚のブリが成長する順に
選びなさい
ツバス
ハマチ
メジロ
ブリ
49%

046vLFMBmv
次の名前を出世魚の鯔に付けられるのが早い順に選びなさい
オボコ
イナッコ
スバシリ
イナ
ボラ
トド

099xSRqpIwKqr
次の名前を
魚のコノシロの呼び名の
変化の順に選びなさい
シンコ
コハダ
ナカズミ
コノシロ
引用元:「鯔ぼら」オボコ・イナッコ・スバシリ・イナ・ボラ・トド 「コノシロ」シンコ・コハダ・ナカズミ・コノシロ | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/3896/

しゅっせ‐うお〔‐うを〕【出世魚】

成長するにつれて名が変わる魚。ボラではハク、スバシリ・オボコ、イナ、ボラ、トドと呼び名が変わる。スズキではセイゴ、フッコ、スズキ。ブリの場合、関東地方ではワカシ、イナダ、ワラサ、ブリ、関西地方ではツバス、ハマチ、メジロ、ブリ。
引用元:出世魚(シュッセウオ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%87%BA%E4%B8%96%E9%AD%9A-528960#:~:targetText=%E3%83%96%E3%83%AA%E3%81%AF%E6%88%90%E9%95%B7%E3%81%A8%E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%AB%E5%90%8D,%E4%BB%A5%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%83%96%E3%83%AA%E3%81%A8%E5%91%BC%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%80%82%E2%80%A6

ブリ(鰤、Amberjack、学名 Seriola quinqueradiata )は、スズキ目アジ科に分類される海水魚の一種。北西太平洋に生息する回遊性の大型肉食魚である。日本では重要な食用魚であり、各地の文化や産業に深く関わる。

形態[編集]
成魚は最大で全長150cm・体重40kgの記録があるが、通常は全長1m・体重8kg程度までである。体は前後に細長い紡錘形で、あまり側扁しない。背は暗青色、腹は銀白色で、その境の体側には黄色の縦帯がある。体表には細かい鱗があり、側線鱗数は210-220枚に達する。鰭条は第一背鰭5棘、第二背鰭1棘29-36軟条、臀鰭2遊離棘17-22軟条である。全長30cm程度までの若魚は第一背鰭の棘条が6本だが、成長すると5本になる。

同属種のヒラマサ S. lalandi とよく似ているが、ブリは上顎上後端が角張ること、胸鰭は腹鰭より長いかほぼ同長であること、体はあまり側扁しないこと、黄色の縦帯はやや不明瞭なことで区別できる。またブリは北西太平洋のみに分布するので、他地域ではヒラマサのみになり混乱は起こりにくい。またヒラマサの旬は夏である。 ブリとヒラマサはまれに交配することがあり、ブリマサまたはヒラブリと呼ばれる個体が水揚げされることがある。

名称[編集]
標準和名「ブリ」については、江戸時代の本草学者である貝原益軒が「脂多き魚なり、脂の上を略する」と語っており、「アブラ」が「ブラ」へ、さらに転訛し「ブリ」となったという説がある。漢字「鰤」は「『師走』(12月)に脂が乗って旨くなる魚だから」、または「『師』は大魚であることを表すため」等の説がある[12]。

他にも身が赤くて「ブリブリ」しているからといった説がある。

「ワカシ」の漢字に「魚夏(魚偏に夏、魚+夏)」が使われる。

出世魚[編集]
また大きさによって呼び名が変わる出世魚でもある。日本各地での地方名と併せて様々な呼び方をされる[7][9]。

関東 – モジャコ(稚魚)→ワカシ(35cm以下)→イナダ(35-60cm)→ワラサ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)
北陸 – コゾクラ、コズクラ、ツバイソ(35cm以下)→フクラギ(35-60cm)→ガンド、ガンドブリ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)
関西 – モジャコ(稚魚)→ワカナ(兵庫県瀬戸内海側)→ツバス、ヤズ(40cm以下)→ハマチ(40-60cm)→メジロ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)
南四国 – モジャコ(稚魚)→ワカナゴ(35cm以下)→ハマチ(30-40cm)→メジロ(40-60cm)→オオイオ(60-70cm)→スズイナ(70-80cm)→ブリ(80cm以上)
80cm 以上のものは関東・関西とも「ブリ」と呼ぶ。または80cm以下でも8kg以上(関西では6kg以上)のものをブリと呼ぶ場合もある。和歌山県は関西圏だが関東名で呼ぶことが多い。流通過程では、大きさに関わらず養殖ものをハマチ(?)、天然ものをブリと呼んで区別する場合もある。
引用元:ブリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA

ブリ
Bry, Théodore de

[生]1528. リエージュ
[没]1598.3.28. フランクフルト
ドイツの版画家,出版業者。彼自身の描いた挿絵入りの 25冊から成る旅行案内書の出版で有名。これは 1587年頃ロンドンを訪れ,地理学者 R.ハクリットの協力を得て資料を収集,90年から 1634年にかけて出版された。そのほかの作品は 12枚綴りの版画集『ガーター騎士の行列』や書物の挿絵多数。息子テオドールとイスラエルも画家である。
引用元:ブリとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%96%E3%83%AA-126690#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29

ブリ
Buri, Fritz
[生]1907.11.4.
[没]1995.2. バーゼル
スイスのプロテスタント神学者。バーゼル市のミュンスター教会の牧師を経て,バーゼル大学組織神学教授となった。 A.シュバイツァーの影響を受けたスイスの自由主義神学の流れ (ベルン学派) に属し,R.K.ブルトマンの非神話化をさらに徹底して非ケリュグマ化すべきであると主張。その体系的な著作としては 1956以来刊行の『キリスト教信仰の自己理解としての教義学』 Dogmatik als Selbstverständnis des christlichen Glaubensがある。国際基督教大学 ICUで教鞭をとったこともある。主著”Theologie der Existenz” (1954) ,”Gott in Amerika” (I. 70,II.72) 。
引用元:ブリとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%96%E3%83%AA-126690#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29