「ランチア・ストラトス」イタリアのスポーツカー Stratosphere「成層圏」 「フェラーリ・モンディアル」世界

067sbolSbneZZD
「成層圏」を意味する言葉が
由来である、世界中にファンの
多かったイタリアのスポーツカー
といえばランチア・◯◯◯◯◯?
シロトラウ
クアスプィ
→ストラトス
「ランチア・ストラトス」

CIMG2296
イタリア語で「世界」という
意味がある、かつてフェラーリが
生産していたスポーツカーは?
テルシィーゴ
カウンタック
ムンデエラル
→モンディアル

順番当て
大気圏の次の層を地上から近い順に選びなさい
対流圏
成層圏
中間圏
熱圏
外気圏

ストラトス(STRATO’S )は、ランチアが製造したスポーツカー。世界ラリー選手権(WRC)で勝利することを目的に開発されたホモロゲーションマシンである。
>車名のストラトスは、「成層圏」という意味の英語の“stratosphere”あるいはイタリア語の“stratosfera”からの造語であるとされ、“STRATOS”と表記される場合が多いが、実車のロゴをよく見ると“STRATO’S”となっている。これは他社が所有する商標権に配慮したためと言われている[要出典]。その異色性と希少性より、第一級のコレクターズアイテムに挙げられる。
引用元: ランチア・ストラトス – Wikipedia.

stratosphere
【名】
《地学》成層圏、ストラトスフェアー◆地表10~50kmの大気層。25km以下での温度勾配が一定。大気の対流には寄与しない。気中水分が少なく、オゾンが層温度の主な要因。太陽光の運動エネルギー、特に290~320nmの紫外線をオゾン分子が吸収する。大気中のオゾンの90%はstratosphereにある。大気圏は地学分類では、troposphere(対流圏1~20km)、stratosphere(ストラトスフェアー10~50km。中の20~30kmがオゾン層ozone layer)、mesosphere(中間圏50~80km)、thermosphere(熱圏100~200km)、exosphere(外気圏)。
引用元: stratosphereの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク.

フェラーリ・モンディアル8、フェラーリ・モンディアル3.2、フェラーリ・モンディアルTはいずれもイタリアのスポーツカーメーカー・フェラーリが生産した2+2(4座)のグラントゥーリスモである。
>「モンディアル」 ( Mondial ) とは「世界 / 世界の」という意味で、アルベルト・アスカリによる、F1ワールドチャンピオン獲得を記念して付けられた同社のレーシングカーである、500 モンディアル ( 500 Mondial ) 以来の車名となる。
引用元: フェラーリ・モンディアル – Wikipedia.