profiterole

フランス語で「ちょっとした
心付け」という意味がある
一口サイズに作られた小さな
シュークリームを何という?
ーロフプィルロト
プロフィトロール(答)
23%

シュークリームを円すい形に
積み上げたフランスのお菓子は
◯◯◯◯ブッシュ?
◯を答えなさい
クロカン(答)

連想
クグロフ
クロカンブッシュ
カヌレ
エクレア
フランス(答)

四択
チョコレート菓子の中身となることも多い、砕いたナッツと加熱した砂糖を合わせたものを何という?
プラリネ(答)

シュークリームは、生地を中が空洞になるように焼き、その空洞にカスタードクリームなどを詰めた洋菓子の一種。フランス語で「chou à la crème」(シュー・ア・ラ・クレーム)と呼ばれる菓子である[1]。詰めるクリームについては、洋菓子店・各メーカーなどによって、チョコレートクリームや果汁(イチゴ、メロン、マンゴー等)を使ったクリームなど、様々なバリエーションが存在する。

名称[編集]

プロフィトロール(プロフィトロール・オ・ショコラ)
フランス語のシュ(chou [ʃu]、複数形はchouxで発音は同じ)と、英語のクリーム(cream)からなる、和製外来語。フランス語では「chou à la crème」(シュー・ア・ラ・クレーム)という[1]。「シュー」とはフランス語でキャベツ、ハクサイ等の葉野菜や、ハボタン等の植物などの総称だが、ここではキャベツを意味し、丸く絞り出して焼いた生地を結球したキャベツに見立てて「シュー」と呼ぶ。生の生地は「pâte à choux」(パート・ア・シュー、シュー生地)と呼ばれる。

誤解例が未だに散見されるが、英語の靴(shoe)とは関係はなく、仮に英語圏で「シュークリーム」と言った場合には、当該洋菓子のことを意味しない。

また、一口サイズの小さなシュークリームを「profiterole」(プロフィトロール、「心付け」の意)という。特に、チョコレート・ソースをかけたプロフィトロール・オ・ショコラ(Profiterole au chocolat)を意味することもある。

英語圏では「cream puff」(クリーム・パフ、クリーム入りのふっくらした物の意)、あるいは、主に英国では(大きさにかかわらず)「プロフィトロール」として知られている。
引用元:シュークリーム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0

プロフィトロール
フランス人はこの小さなクリーム菓子に美しい表現を当てています。 彼らの呼び名「プロフィトロール」とは、「小さな得」あるいは「ちょっとした贈り物」というような意味です。 これは「小さなオーブンケーキ」(スイスの「オーフェンクーヒェリン」)や「キャベツのようなペストリーフリッター」(オーストリアの「ブラントタイククラプフェル」)より耳に心地よく、おいしそうに聞こえます。

この小さな塊はゴルフボール大、シュガーレスのシューペストリーでできており、オーブンから出てくるときには熱い空気をたくさん含んでおり、それがまた魅力を生んでいます。 半分に切ったら、片方にエクレアのようにホイップクリーム、バニラクリーム、またはチョコレートムースを詰めます。 フタをすれば、甘いごちそうの出来上がり。

ナポレオンが18世紀のイタリアでプロフィトロールを普及させたと言われています。トスカーナやピエモンテではてっぺんからチョコレートソースをかけられます。 いまでは多種多様なバリエーションが数多くのイタリアのお菓子屋で「プロフィテローリ」の名で売られています。

前菜のようなタイプがお好みの向きは、プロフィトロールにクリームチーズ(とハーブの生葉)、スパイシーなパテやラグー(猟獣、子牛、鶏の)、野菜のピューレ(たとえばアボカドの)を詰めるといいでしょう。
引用元:レシピ | ミーレ・ジャパン https://www.miele.co.jp/domestic/830.htm

History
The word profiterole (also spelled prophitrole, profitrolle, profiterolle)[6] has existed in English since 1604, borrowed from French. The original meaning in both English and French is unclear, but later it came to mean a kind of roll “baked under the ashes”. A 17th-century French recipe for a Potage de profiteolles or profiterolles describes a soup of dried small breads (presumably the profiteroles) simmered in almond broth and garnished with coxscombs, truffles, and so on.[7] The current meaning is only clearly attested in the 19th century.[6]
引用元:Profiterole – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Profiterole