『未確認尾行物体』ほか

芥川賞に6度ノミネートされ
1度も受賞できなかったものの
2011年より同賞の選考委員を
務めている作家は?
村上春樹

なだいなだ
島田雅彦(答)
増田みず子
37%

次のうち、現在、芥川賞の
選考委員を務めている
女流作家を全て選びなさい
宮部みゆき
林真理子
高樹のぶ子(答)
小川洋子(答)
川上弘美(答)
山田詠美(答)
平岩弓枝
30%

引用元:【新喜楽1階で選考会】 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/50796/

島田 雅彦(しまだ まさひこ、1961年3月13日 – )は、日本の小説家。法政大学国際文化学部教授、俳優。

来歴[編集]
東京都に生まれ、1965年に川崎市へ転居。神奈川県立川崎高等学校を経て、1984年に東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業。

大学在学中の1983年、『海燕』掲載の『優しいサヨクのための嬉遊曲』でデビュー、芥川龍之介賞の候補となる。1984年、『夢遊王国のための音楽』で野間文芸新人賞受賞。戯曲活動も行い、『僕は模造人間』(1986年4月)、『ドンナ・アンナ』(1986年9月)、『未確認尾行物体』と、郊外の新興住宅を舞台にした若年層の生活を、奇抜な語彙を用いつつ軽妙な筆致で描く作風で、新世代の作家として注目を浴びた[1]。1987年までに6度、芥川賞候補となるも、全て落選する(なだいなだ、阿部昭、増田みず子らとともに[要出典]、最多落選記録[2])。

1998年に近畿大学文芸学部助教授に就任、2003年からは法政大学国際文化学部教授。2000年から2007年まで三島由紀夫賞選考委員を務める。2000年に詩のボクシングに参加、第4回世界ライト級王座決定戦で平田俊子を破り王者となる。翌年の第5回世界ライト級王座決定戦でもサンプラザ中野の挑戦を破り王者を防衛する。2006年、『退廃姉妹』で伊藤整文学賞を受賞、2008年、『カオスの娘』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2010年下半期より芥川賞選考委員となる。2016年、『虚人の星』で毎日出版文化賞受賞。
引用元:島田雅彦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E7%94%B0%E9%9B%85%E5%BD%A6

文庫
未確認尾行物体
島田雅彦
定価:本体369円+税
発売日:1993年07月

エイズは人類の敵か、友か? おカマ、上流人士、天才科学者、そしてエイズ・ウィルスが織り成す哄笑の人類進化論小説。これを読まずして、九○年代は語れない!(浅田彰)
引用元:『未確認尾行物体』島田雅彦 | 文庫 – 文藝春秋BOOKS https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167462024