【元シェークスピア俳優】

作家・バーナビー・ロスの
小説に登場する名探偵
ドルリー・レーンが
住んでいる屋敷の名前は?
ハムレット荘(答)

リア王荘
マクベス荘
テンペスト荘
50%

ドルリー・レーン(Drury Lane)は、エラリー・クイーンがバーナビー・ロス名義で発表した小説に登場する、架空の探偵。4編の長編に登場する。

ドルリー・レーンという名は、ロンドンにある通り(ドルリー・レーン (ロンドン)参照)から取られている。

人物設定[編集]
1871年11月3日、ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。

長身で銀髪が肩まで垂れており、灰緑色の鋭い目をしている。また、ステッキやケープといった、舞台となった1930年代から見ても古風な服装を好む。

元はシェイクスピア俳優で、聴覚を失ったために引退した。引退後はニューヨーク郊外の丘に建つ「ハムレット荘」にて隠遁生活を送っている。読唇術を身につけており、電話以外では通常の人間と何ら変わりなく生活できる。

家族[編集]
生涯独身で、妻子はいない。

ハムレット荘では元演劇関係者の老人達と暮らしている。また、ハムレット荘の敷地内には16世紀の農村を再現した集落があり、レーンを慕う人々が居住しているが、人数や素性の詳細は描かれていない。
引用元:ドルリー・レーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3

エラリー・クィーンが創造した、元役者である名探偵。
クィーンが創造したこと、そして『Yの悲劇』の真相を解き明かしたことから、探偵的才能はいわゆる「名探偵」の中でもトップクラスといえる。

シェイクスピアの演劇を長年演じ続けてきたが、聴力を失ったため、役者を引退した。しかし、読唇術を完璧にマスターしており、電話で話せないことなどを除いては日常生活に支障はない。実際に、白髪を除けば、若者と大して変わりがない体力を持つ老紳士。
「ハムレット荘」に隠居し、後輩の育成に余念がない。シェイクスピアを引用する癖がある。
サム警部、ブルーノ検事は『Xの悲劇』で彼の人柄と才能に敬服し、その後も『Yの悲劇』、サムが探偵になって『Zの悲劇』で共に謎に挑む。

『レーン最後の事件』で死去。
引用元:ドルリー・レーン (どるりーれーん)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3