The Dunwich Horror『ダニッチの怪』

次の文字列を組み合わせて
「クトゥルフ神話」の生みの親
ラヴクラフトの小説の
タイトルにしなさい
ダニッチの───怪
魔女の家の───夢
邪悪なる───牧師
31%

セーラムをモデルにしている
ラヴクラフトのクトゥルフ神話
に登場する、マサチューセッツ
州にあるという架空の都市は?
エイカン
ルンレエ
ダルボス
アーカム(答)
21%

引用元:Arkham House【出版社】Arkham Asylum【バットマン】 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/51635/

『ダンウィッチの怪』(ダンウィッチのかい、英: The Dunwich Horror)または『ダニッチの怪』(ダニッチのかい)は、アメリカ合衆国のホラー小説家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説。

概要[編集]
1928年に執筆され、ウィアード・テイルズの1929年4月号に発表された。クトゥルフ神話に属する作品の一つとされる。

宇宙的恐怖(コズミック・ホラー)という言葉で表現される「絶対的な力を持つ異形の存在に翻弄され、なす術もなく握り潰される人間」という構図、結末をとるラヴクラフト作品の中で珍しく本作は、人間たちが「異形の存在」に立ち向かい、これを消滅させ、(この事件に関してだけだが)勝利を得るというハッピーエンド的な結末を持つ。アンソロジーに採用されることも多く、ラヴクラフトの代表作かつ、入門作として取り上げられることも多い[1]。

あらすじ[編集]

掲載誌の表紙
1910年代の米国北部、狂騒の20年代を迎える前夜のマサチューセッツ州が舞台である。目覚しい発展を続ける工業と流入し続ける大量の移民の前に混乱を極めた時代。それに逆行するかのように農村部では、未だ貧困と迷信が蔓延っていた。その中でも一際、異彩を放っていたのがダンウィッチ村(ダニッチ村とも)であった。1913年、事件の始まりを告げるようにウィップアーウィル(夜鷹)が夜通し鳴き続け、犬という犬が吠え続けた。2月2日の聖燭祭の夜に生まれたウィルバー・ウェイトリーも、父の知られぬ身でありながら堕胎される事無く産み落される。ウィルバー・ウェイトリーは、生まれた時から成長のスピードが速く、他の子供とも見た目が違っていたため、村人たちに気味悪がられていた。成長し、祖父を亡くした彼は、ミスカトニック大学を訪れて貸し出しを断られたネクロノミコンを盗み出そうとし、番犬に襲われて死んでしまう。そして彼と祖父が今まで隠してきた存在が村に現れた。
引用元:ダンウィッチの怪 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%81%E3%81%AE%E6%80%AA

『魔女の家の夢』(まじょのいえのゆめ、英: The Dreams in the Witch House)は、アメリカの作家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトのホラー小説で、クトゥルフ神話の一つ。

1932年の1月もしくは2月に執筆され、『ウィアード・テイルズ』の1933年7月号で初めて公開された。

『H・P・ラヴクラフト大事典(英語版)』によると、『魔女の家の夢』はナサニエル・ホーソーンの未完の小説『セプティミウス・フェルトン』から強く影響を受けている[1]:107。

あらすじ[編集]
ミスカトニック大学で数学と民俗学を専攻しているウォルター・ギルマンは、呪われているという噂があるマサチューセッツ州アーカムにある「魔女の家」の屋根裏部屋を借りる。その家はかつて、1692年で魔女の告発を受け、セイラム の牢獄から忽然と姿を消したキザイア・メイスンの隠れ家だった。
引用元:魔女の家の夢 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AE%B6%E3%81%AE%E5%A4%A2

“The Evil Clergyman” is an excerpt from a letter written by American horror fiction writer H. P. Lovecraft in 1933. After his death, it was published in the April 1939 issue of Weird Tales as a short story. The story was later adapted into the unreleased 1987 anthology film Pulse Pounders.

The letter, to his friend Bernard Austin Dwyer, recounted a dream that Lovecraft had had. Although Lovecraft frequently based stories on his dreams, An H. P. Lovecraft Encyclopedia notes that “[i]t is difficult to say how HPL would have developed this conventional supernatural scenario.”[1]
引用元:The Evil Clergyman – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/The_Evil_Clergyman