【Lots of Happy Communities】

アスクルが運営している
日用品のサイトです
LOHACO(答)
44%

811FRtOBEO
2015年にオフィス用品の通販で
知られるアスクルを子会社化した
会社はヤフーである
◯(答)

069QRGubVeRpF
マルエツが運営している
高級スーパーマーケット
LINCOS
“Linkage of Commutative Store”
引用元:「ヤフーがアスクルを子会社化」 日用品通販ポータルを強化「LOHACO」Lots of Happy Communities | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/18292/

LOHACO(ロハコ)は、アスクルがヤフー株式会社の協力により運営するインターネット通販サイト。由来はLots of Happy Communities。

概要[編集]
2012年10月15日、アスクル(旧・アスマル事業)はアスマルを完全子会社化し、ヤフー株式会社の協力により個人向け日用品通販サイト「LOHACO」を開始した。同サイトはティッシュ、米、ミネラルウォーター、ベビー用品など、重くかさばる日用品を中心に18万点を超える商品を提供しており[1]、「日常使いの第2世代EC No.1」という目標を掲げている[2]。
引用元:LOHACO – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/LOHACO

――LOHACOは、アマゾンや楽天市場などのネット通販と何が違うのでしょうか。

LOHACOが目指しているのは、新しい「第2世代のeコマース」だ。アマゾンや楽天などの第1世代のネット通販は、インターネットが一般化する初期の段階で、いちはやく新しい買い方としてサービスを提供し、消費者にロングテールという新しい価値をもたらしEC(電子商取引)の普及に貢献した。

その後、消費者の利用が進むにつれて、「同一商品ならどこで買うのが一番安いか」というような低価格競争が過熱し、商品がもつ本来の価値が見えにくい状況となってしまった。

そこでアスクルは、生産者と生活者の関係性を見直し、「流通がもつ本来の役割とは何か」を再定義することで新たなECの創造を目指した。それがLOHACOだ。

LOHACOは、家庭で必要なものをスピーディに届ける「日常使いのネット通販」。既存の流通とも、第1世代のECとも違う、お客様が主役の「ライフスタイル提案型」の日本発の新しいECとして、お客様の生活を支えるインフラになりたい。
引用元:LOHACOはアマゾンや楽天と何が違うのか | インターネット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 https://toyokeizai.net/articles/-/107111