【天下無敵森永ミルクキャラメル】片岡敏郎【Mr.ウォークマン】黒木靖夫

次の人物を職業ごとに
グループ分けしなさい
【コピータイター】糸井重里、片岡敏郎
【工業デザイナー】黒木靖夫
36%

035NdwYGcd
次の人物を職業ごとに
グループ分けしなさい
【コピータイター】谷山雅計、片岡敏郎
【工業デザイナー】深澤直人、榮久庵憲司、黒木靖夫、喜多俊之
引用元:コピーライター「谷山雅計(まさかず)」『セルシオか、それ以外か。』「片岡敏郎」工業デザイナー「深澤直人」「榮久庵憲司」「黒木靖夫」「喜多俊之」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/20117/

黒木 靖夫(くろき やすお、1932年10月2日 – 2007年7月12日 )は、宮崎県西都市出身、日本の工業デザイナー。株式会社黒木靖夫事務所代表。ソニー元取締役、ソニー企業元代表取締役社長を歴任。

東京出版創業者黒木正憲は実兄。

「SONY」のロゴマークをデザイン。ソニーの主力業務用モニターであった「プロフィール」プロジェクトリーダー、つくば万博では「ジャンボトロン」担当。ソニーウォークマン開発プロジェクトのリーダーを務め「Mr.ウォークマン」と呼ばれた[1][2]。その後、ウォークマン開発の功績を買われソニー取締役に就任する。

ソニー企業社長を歴任し1993年に独立する。同年に富山県知事を務めた中沖豊に請われ、富山インダストリアルデザインセンター(現在の富山県総合デザインセンター)所長に就任し、デザインマネジメント導入による産業振興に尽力。製品化を前提としたコンクール「とやまプロダクトデザインコンペ」を主催するなど、デザイナーと地域産業を結びつける様々な取り組みを行った。
引用元:黒木靖夫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E6%9C%A8%E9%9D%96%E5%A4%AB

片岡 敏郎(かたおか としろう、1882年 – 1945年)は、戦前に活躍したコピーライター(当時の呼び名で「アドライター」)である。静岡県焼津市出身。

片岡敏郎が果たした功績[編集]
片岡はスモカ歯磨のみならず、かつて森永製菓の宣伝部に在籍していた頃、森永キャラメルの広告に、当時人気力士の一人であった横綱、太刀山の手型を取り、そこに「天下無敵 森永ミルクキャラメル」とコピーを書き込むなど、型にはまらない自由な発想で広告を手掛け、今では基本となった広告にエンタテイメント性を持たせた人物として知られている。

その後入社した壽屋では、赤玉ポートワイン(現・赤玉スイートワイン)の宣伝にあたり、「発売そのものがニュースになる」広告として新聞紙の一頁を切り取り、そこに赤玉ポートワインと書いて、墨汁で丸を入れるという、まるで傍から見ると子供のイタズラと思われてもおかしくないような奇抜な広告を全国紙に掲載したことでも知られる。さらに1922年(大正11年)には、壽屋が当時所有していた赤玉歌劇団のプリマドンナとして名を馳せることになる松島栄美子をモデルに起用した「日本初のヌードポスター」を、同じく壽屋でデザインを担当していた井上木它と共に製作するなど、その精神は壽屋がサントリーとなった現在でも企業広告の企画立案に継承されており、功績は計り知れないものがある。
引用元:片岡敏郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%87%E5%B2%A1%E6%95%8F%E9%83%8E