bag

「袋のようにぶかぶか」
ということから名がついた
パンツの一種は?
バミューダパンツ

カーゴパンツ
バギーパンツ(答)
サブリナパンツ
29%

042ChSkkbWMYZ
裾広がりでゆったりとした七分丈
のパンツを、南米の草原地帯の
カウボーイが着用したことから
「◯◯◯◯パンツ」という?
ンッアロパ
ガョソウチ
→ガウチョ
「ガウチョパンツ」
gaucho
引用元:『「ガウチョ」パンツ』 南米カウボーイ愛用のパンツ スカートとパンツの中間 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/6318/

057XfDKaSdtKm
「パンツェッタ」とは豚バラ肉の
塩漬けをスモークしたものである
×(答)
◯ベーコン
引用元:「パンツェッタ」豚バラ肉の塩漬け 生ベーコン 「ベーコン」パンツェッタの燻製 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/6188/

バギーパンツ(英語: Baggy Pants)は、衣服のうち、袋状の長ズボンの総称である[1]。「袋のような」という語源からわかるように、全体的に太くてゆったりしたラインである。ジーンズのラインなどでよく用いられる。男女共に履かれ、ユニセックスな衣服である。
引用元:バギーパンツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%84

バミューダショーツ(Bermuda shorts)とは、膝丈前後(4-6分丈前後)でやや細めのズボンである。イギリス領バミューダ諸島で広く着用されることから、この名前が付いた。

膝上までしか丈のない短いズボンとは明確に区別されるが、丈の長さは膝がほぼ隠れるものから腿の中間まで見えるものまで千差万別である。また、腿回りの太さもさまざまである。リゾートファッションとしてのバミューダショーツは1960年代にアメリカ合衆国で流行し、1970年代にはアイビールックやサーファーファッションとともに日本などにも波及した。しかし、流行の収束に伴い、当時と同様のスタイルとしては現在はあまり一般的ではない。

バミューダ諸島においては公式の場(仕事やパーティなど)においても着用が許され、正装と同じ扱いになる。
引用元:バミューダショーツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%80%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%84

カーゴパンツ(英語: cargo pants)とは、貨物船(カーゴ)で荷役作業などに従事する人たちの間で使われるようになった、作業用のズボンである。生地の厚い丈夫な綿布で作られ、腰をかがめた時にも物の出し入れがしやすい、膝上の左右に大きなポケットが付けられているのが特徴である。
引用元:カーゴパンツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%84

サブリナパンツとは、八分丈・九分丈で細身の女性用ズボンのこと。カプリパンツの一種。

映画『麗しのサブリナ』で、主演のオードリー・ヘプバーンが着用したことからこの名で呼ばれる。

腰から裾までがぴったりと体の線に沿ったふくらはぎ丈のパンツで、活動的なヘプバーンの魅力を存分に発揮したことから1950年代当時の女性たちに爆発的に流行した。映画では黒いパンツだったが、普通は色、柄は問わない。
引用元:サブリナパンツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%8A%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%84