【緑】孔雀石【マラカイト】

アイシャドーはもともと
何のためにするものだった?
死に化粧

虫除け(答)
身分を示す証
夜でも見えるように
34%

和名を「たんぱく石」という
宝石はオパールですが

和名を「くじゃく石」という
宝石は◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
マラカイト(答)
52%

引用元:【孔雀石】マラカイト | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/48134/


化粧品の「ドーラン」の語源と
なった「ドーラン社」とは
フランスの会社である
×(答)ですが諸説あるようです
◯ドイツ?
69%

この問題は、上の写真の通り×が正答のようですが、諸説あるようです。
インターネットで調べた限りでは、「ドーラン社」がフランスの会社のようにも思われました。
(コナミお客様相談室メール報告済)
引用元:フランス説とドイツ説 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/45418/

アイシャドー(eye shadow)は、目の周囲、特にまぶたに陰影を付ける化粧法のこと。あるいはその化粧品。顔を立体的に見せる効果がある。油脂とロウを混ぜたクリームに香料、顔料などを混ぜて作る[1]。

歴史[編集]
起源は古代エジプトと言われており、当時の絵画や彫刻に目の回りに彩色したものが残されている。この時代のものは単なる化粧ではなく魔よけ・虫除け・目の病気への対策であったとも言われている。古代エジプトのアイシャドーは孔雀石をすりつぶした青色の粉状のものをまぶたに塗るもので、ハエによる眼病の伝染を防ぐといった目的で用いられた[2]。また、最初に使ったのがクレオパトラという説もある。この風習はギリシャやローマ、さらにアラビアにも伝わった。しかし、西ヨーロッパには伝わらなかった。ヨーロッパで一般化するのは20世紀の半ば、すなわちほぼ現代になってからであり、メイクのポイントが口もとから目もとに移ってきてからとされる。
引用元:アイシャドー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%89%E3%83%BC

アイシャドー
あいしゃどー
eye shadow
瞼(まぶた)に塗る化粧料。目の周囲に陰影(シャドー)を描く化粧法で、顔全体を立体的に見せる効果がある。起源は古代エジプト時代で、魔除(まよ)けのためとも、目の病気から守るためともいわれている。黒と緑の2色の染料が使われ、黒は粘土鉱物の一種のコリライト、緑はくじゃく石の粉末が用いられ、目の周りを彩った。この化粧法はギリシア・ローマ時代にも続き、その後、ベールで顔を隠すアラビア女性におしゃれとして受け継がれた。しかし西ヨーロッパには伝わらず、アイシャドーを塗る女性はいなかったが、18世紀ごろ初めて舞台化粧のドーランとともに使われた。一般的になるのは20世紀なかば、メーキャップのポイントが唇から目に移ったといわれる時期からで、それ以後、アイシャドーに限らず、目にアクセントを置いた化粧が注目を集めるようになった。
引用元:アイシャドーとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%89%E3%83%BC-23696