『宿命剣鬼走り』『女難剣雷切り』

次の文字列を組み合わせて
藤沢周平の時代小説
『隠し剣』シリーズの
タイトルにしなさい
宿命剣───鬼走り
陽狂剣───かげろう
女難剣───雷切り
28%

『隠し剣』(かくしけん)は、藤沢周平著の短編時代小説のシリーズ名。各短編の内容は、「隠し剣」と呼ばれる秘伝の絶技を身に着けた武芸者(主人公でない場合も含む)が、周囲の状況に巻き込まれて「隠し剣」を披露するまでを描いている。また、各短編の題名は「内容を示す単語」+「剣」+「隠し剣の技名」で統一されている。

『隠し剣孤影抄』(かくしけんこえいしょう)
『オール讀物』1976年10月号から1978年3月号に掲載。但し「宿命剣鬼走り」は『別冊文藝春秋』1979年春季号。
1981年文藝春秋刊。1983年文春文庫: ISBN 978-4167192389。
収録作
「邪剣竜尾返し」
「臆病剣松風」
「暗殺剣虎ノ眼」
「必死剣鳥刺し」
「隠し剣鬼ノ爪」
「女人剣さざ波」
「悲運剣芦刈り」
「宿命剣鬼走り」
『隠し剣秋風抄』(かくしけんしゅうふうしょう)

『オール讀物』1978年7月号から1980年7月号に掲載。
1981年文藝春秋刊。1984年文春文庫: ISBN 978-4167192396。
収録作
「酒乱剣石割り」
「汚名剣双燕」
「女難剣雷切り」
「陽狂剣かげろう」
「偏屈剣蟇ノ舌」
「好色剣流水」
「暗黒剣千鳥」
「孤立剣残月」
「盲目剣谺返し」

宿命剣鬼走り
大目付を辞して隠居した小関十太夫の跡継ぎである鶴之丞が、伊部伝七郎との果たし合いで死んだ。互いに死闘を尽くした上でのことだと思われたが、伝七郎が生きており、その取り巻き2名の葬式が密かに行なわれたことを十太夫は掴む。一対一の尋常な勝負でなく、卑怯にも伝七郎に加勢があったことは明らかであった。

女難剣雷切り
佐治惣六は女房運に恵まれず、最初の妻とは死別し、その後迎えた2人の妻に逃げられて、今は無妻で子もいない。惣六は剣豪であり、10年前に凶悪な盗賊たちを1人で切り伏せる働きも見せたが、それも今では全く忘れ去られている。そして人々は、惣六がじじむさい風貌に似合わず、すぐに女中に手を出すという噂を笑いの種にしていた。そんなある日、惣六は物頭の服部九郎兵衛の紹介で、4人目の妻を迎える。妻の嘉乃は物静かで従順だったが、惣六は嘉乃の態度に不審を抱き始めた。

陽狂剣かげろう
佐橋半之丞は、剣の師である三宅十左ェ門の次女、乙江と祝言を控えていた。ところが、乙江を若殿の側室に差し出すようにとの命が三宅に下る。たとえ乙江が若殿の召しを拒否したとしても、藩士である自分が若殿を袖にした女を妻に迎えるわけにはいかないと考えた半之丞は、乙江が心置きなく江戸に向かうことができるよう、気が触れたと偽ることにした。初めは、それは単なる演技のはずであった。しかし、次第に演技と真の狂気の境界が曖昧になり始める。
引用元:隠し剣 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%A0%E3%81%97%E5%89%A3

藤沢 周平(ふじさわ しゅうへい、1927年(昭和2年)12月26日 – 1997年(平成9年)1月26日)は、日本の小説家。山形県鶴岡市出身。本名、小菅 留治(こすげ とめじ)。

江戸時代[1]を舞台に、庶民や下級武士の哀歓を描いた時代小説作品を多く残した[2]。とくに、架空の藩「海坂藩(うなさかはん)」を舞台にした作品群が有名である。

長女遠藤展子は、エッセイスト。2010年4月29日、出身地の鶴岡市に「鶴岡市立藤沢周平記念館」が開館した。
引用元:藤沢周平 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E6%B2%A2%E5%91%A8%E5%B9%B3