【蝦蟇口】らっきょう玉【鳥取】玉らっきょう

財布のがま口についている
留め金の名称は「“何”玉」?
らっきょう(答)

たまねぎ
くわい
にんにく
25%

112nJmRetk
次の野菜を
主に食用にする部位による
分類でグループ分けしなさい
【葉菜類】ニンニク
【根菜類】クワイ
【果菜類】ササゲ

エフェクト
おせち料理によく入っています
慈姑
くわい(答)

四択
「芽が出る」という意味で縁起物としておせち料理に入れられるのは?
くわい(答)
引用元:【葉菜】ニンニク・アスパラガス【根菜】くわい【果菜】ササゲ・オクラ | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/22792/

玉状の物の名称は「らっきょう玉」と呼ぶ。

がま口の口の部分にはたいてい玉状の留め金がついていて
名前の通り「らっきょう」に似ていることから名付けられたとされている。
引用元:渥美和弘 がま口財布にある玉状の金具の名前 | 渥美和弘のトリビアブログ https://ameblo.jp/kazuhiroatsumi19/entry-12169212371.html

実は西洋生まれなんです。

日本でのがま口の歴史は、明治時代にまで遡ります。明治維新により欧米文化が日本に流入してきたことによって、当時の人々の生活形態は著しく変化し、新旧事物の対立から模倣、折衷、和合へと進展していきました。日本人に馴染みのある“ガマ”の名前もそのフォルムも、すっかり和の象徴に思えるがま口ですが、実はその頃の明治期にヨーロッパから伝わった舶来品です。

日本に最初にがま口を持ち込んだのは、明治政府の御用商人の山城屋和助(1836年-1872年)といわれています。明治4年(1871年)山城屋和助は軍隊の兵器を輸入して陸海軍に納入する条件で、政府から60万円借用してヨーロッパに赴きました。

フランス、イギリス、ドイツを回ってアメリカ経由で翌年に帰国した際、当時のフランスで紳士物、婦人物を問わず大流行していた西欧式の牛革やがま口の鞄、財布を日本に持ち帰り、それらを模倣して売り出したのが、日本における製鞄(せいほう)業、そしてがま口の始まりといわれています。
引用元:がま口の歴史 | AYANOKOJI | あやの小路 https://ayanokoji.jp/%E3%81%8C%E3%81%BE%E5%8F%A3%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2/

 「砂丘らっきょう」ブランドで有名な鳥取市福部町をはじめ、鳥取県中部の北栄町などでも栽培が盛んです。
 大玉で細長い形状の「らくだ系」が中心品種ですが、北栄町では小玉で丸型の「玉系」らっきょうも栽培されています。

ポイント1
 歴史

 鳥取県のらっきょう栽培の起源は、江戸時代に参勤交代で持ち帰られた説などがありますが、真偽は不明です。
 大正時代に産業組合を設立し本格的な栽培が始まり、水の少ない砂丘地でも栽培できる作物として作付けが増加していきました。
 現在では、鳥取市福部町だけでなく、北栄町などにも栽培が拡大し、収穫時期には洗いらっきょう、根付きらっきょうとして全国に販売されるほか、甘酢漬けなどの加工らっきょうが年間を通じて販売され、鳥取県を代表する特産品の一つとなっています。
引用元:らっきょう/食のみやこ鳥取県/とりネット/鳥取県公式サイト https://www.pref.tottori.lg.jp/178187.htm

玉ラッキョウ

鳥取県、徳島県で生産されるラッキョウ。鳥取大学の佐藤教授の指導により昭和30年代に栽培が始まったとされる。
引用元:玉ラッキョウとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%8E%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6-720560

玉系(玉ラッキョウ) (たまけい(たまらっきょう))
分類:野菜
品目:土物類:らっきょう

昭和30年台初頭に育成されたとされる(野菜の地方品種より)
【見た目】
形状はラクダ系に比べ、小さく丸い。色はラクダ系よりも白い
【食味】
食感はラクダ系に比べ繊維が細かく緻密
【由来】
鳥取大学佐藤教授の指導で昭和32年頃に栽培が始まったとされる
【その他】
全国的にも、徳島県の鳴門と鳥取県中部の北条砂丘地域でしか栽培されない希少な系統
【調理法・加工品等】
酢漬け
【生産の見通し】
縮小  
引用元:玉系(玉ラッキョウ) (たまけい(たまらっきょう))|地方特産食材図鑑 http://g-foods.info/zukan/product/product_751.html