【3大発明】

次の文字列を順に選んで
高級腕時計のロレックスの
代表的なモデルの名前にしなさい
オイスター
パーペチュアル
デイト
ジャスト
6%

■ロレックスの3大発明
 一般的に、ロレックスは3大発明、すなわち、「オイスターケース」「パーぺチュアル」「デイトジャスト」で今のポジションを確立しました。
①オイスターケース: 牡蠣のように固く閉ざされた「防水性」の高いケース
②パーペチュアル: 身に着けていれば永遠に止まらないという「自動巻機構」のこと
③デイトジャスト: ディスク式の日付表示機能(日付を瞬時に切り替える機能つき)

※以前は日付は何時間もかけて日を切り替えましたが、デイトジャスト機能は午前0時付近で日付が切り替わります(午前0時ちょうどではありません)。
今では当たり前の実用的機能ですが、「これらの実用性を当たり前にしたこと」がロレックスの偉大な功績です。それまでにも実用性への追求はありましたが、ロレックスほど実用性に重きを置き、実際に普及できる構造を導入したメーカーはありませんでした。これらの実用機能が評価されてロレックスは業界で地位を確立しますが、中でもロレックスが採用した「全回転式ローター式の自動巻機構」は歴史的な偉業だと評価されています。世界初の実用的な自動巻腕時計はイギリスのジョン・ハーウッド(※1)が開発した「半回転式ローター式」という機構でしたが、ロレックスが開発したこの「全回転式ローター式の自動巻機構」はより巻上効率に優れ、現在のスタンダードになっています。
引用元:なぜロレックスが時計業界のTOPにいるのか? | トケイ通信 by KOMEHYO http://www.komehyo.co.jp/tokei-tsushin/article/1

世界に名立たるロレックスの原点を現在に伝えるモデルがオイスター パーペチュアル。
ロレックスの3大発明のうち「オイスターケース」と「パーペチュアル」の2つを搭載したオイスター パーペチュアルは防水・防塵ケースの自動巻き時計を意味 する。このモデルをベースとし、後にエクスプローラーやサブマリーナー、ミルガウスなどプロフェッショナル用モデルのリリースに繋がっていく。

1947年 アメリカ空軍のチャック・イェーガーが『オイスターパーペチュアル』を着用して、人類初の音速飛行に成功する。

その後、1950年代に入りカレンダー機能付きの『オイスターパーペチュアルデイト』が誕生。発売当初は搭載されていなかったが、現在はロレックス3大発明の残り1つ「デイトジャスト機構」も装備されており、リーズナブルな価格設定ながらハイスペックな高性能モデルである。
引用元:ロレックス オイスター パーペチュアル – OYSTER PERPETUAL | Watchpedia http://www.watchpedia.jp/brands/rolex/%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB/

オイスターケース
防水性のシンボル
オイスターケースの誕生は現代の腕時計製造史の大きなターニングポイントとなった。ロレックスが1926年に発明したオイスターはベゼルと裏蓋、リューズがミドルケースにねじ込まれた特許取得のシステムを備えた世界初の腕時計用の防水ケースだった。この端正でエレガントな時計ケースは防水性と堅牢性の象徴であり、デザイン性と機能性を見事に融合させている。オイスターケースにはオイスタースチール 、18 ct ゴールドまたは950プラチナ製がある。
引用元:オイスターケース – ロレックスの時計製造 https://www.rolex.com/ja/about-rolex-watches/oyster-case.html

Perpetual. That is the word inscribed on every dial of an Oyster. Today it means so much more than a self-winding watch movement. It is a spirit that is pure Rolex – one that defines our past, shapes our present and directs our future. It is continuous improvement and lasting excellence.
引用元:Built to last – Perpetual https://www.rolex.org/perpetual/built-to-last

ロレックスが開発した午前0時前後に瞬時に日付が切り替わる機能で、1926年発表の「オイスターケース」、1931年発表の「パーペチュアル機構」と並びロレックス3大発明の一つに数えられている。デイトジャストの名を冠したモデルはロレックス創業40周年を記念して1945年に発表されたが、当時は午前0時に向って徐々に日付けが変わる仕様だったと言われている。尚、瞬時に日付が切り替わる仕様まで進化したのは、10年後の1955年でRef.6305に搭載されたCal.1036からという説が有力である。
引用元:ロレックス デイトジャスト機能 – Datejust Function | Watchpedia http://www.watchpedia.jp/yomi/ta/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E6%A9%9F%E8%83%BD/