radicchio di Castelfranco

チコリーの仲間である
イタリアの高級野菜
カステルフランコ(答)
15%

カステルフランコは「カステルフランコ産」という地名である。
イタリアの一部地域で熱狂的に愛されている「ラディッキオ」という野菜の一種だ。

冬に欠かせない地域野菜
イタリア野菜は地域色が強い。ヴェネト州で大人気な野菜が、トレヴィーゾ産ラディッキオである。見た目も味わいも非常に個性的な野菜で、チコリという苦味のある野菜が原種だ。同じラディッキオでも、生産地が異なるとその土地ごとに違う種類になる。このため「どこ産か」ということが重要で、品種にそのまま土地の名前が入ることが多い。

カステルフランコは変形種
カステルフランコはトレヴィーゾ近郊のカステルフランコ市を発祥とするラディッキオの変形種だ。正式名は「ラディッキオ・ヴァリエガート・ディ・カステルフランコ」といい、個性的なラディッキオの中でもさらに特徴のある見た目をしている。全体的にはレタスを花開かせたような、まるで大きなバラの花のような姿だ。クリーム色の葉に紅色の小さな斑点が散らばり、まるで女王様のようでとても美しい。日本野菜ではまずお目にかかれない形や色味である。
引用元:まるでバラの花!イタリア野菜カステルフランコ | 食の知識 | オリーブオイルをひとまわし https://www.olive-hitomawashi.com/column/2018/11/post-2070.html

Radicchio (/rəˈdɪkioʊ/ or /rəˈdiːkioʊ/; Italian pronunciation: [raˈdikkjo]) is a perennial cultivated form of leaf chicory (Cichorium intybus, Asteraceae) sometimes known as Italian chicory because it is commonly used in Italian cuisine. It is grown as a leaf vegetable and usually has white-veined red leaves. Radicchio has a bitter and spicy taste, which mellows if it is grilled or roasted.

Other varieties include ‘Tardivo’, and the white-colored radicchio di Castelfranco, both of which resemble flowers and are only available in the winter months, as well as ‘Gorizia’ (also known as “Rosa di Gorizia”), ‘Trieste’ (Cicoria zuccherina or Biondissima) and ‘Witloof/Bruxelles’ (also known as Belgian endive, and “chicon/endive” in French). Radicchio farmers of the Veneto have sought to have Protected Geographical Status applied to the names of some radicchio varieties including ‘Tardivo’.
引用元:Radicchio – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Radicchio