いただき

2016年に映画化された、夢枕獏
の山岳小説『神々の◯◯』?
山嶺
いただき(答)
33%


かつてはエベレストより高い
と思われてきた中国の山
アムネマチン(答)
引用元:アムネマチン山 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/38592/

623pvnyruatjzs
次の山のうち、その標高が
世界で上位5位までに入るものを
1つ選びなさい
エベレスト(答)世界第1位 8848m
ゴサインタン(シシャパンマ)14位 8027m
ローツェ(答)4位 8516m
マッターホルン 4478m
チョー・オユー 6位 8201m
アコンカグア 6960.8m
デナリ 6190m
カンチェンジュンガ(答)3位 8586m
62%
「エベレスト、K2、カンチェンジュンガ、ローツェ、マカルー」
引用元:世界標高5位「エベレスト」「K2」「カンチェンジュンガ」「ローツェ」「マカルー」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/29674/

134gxGyvJqTYp
次の日本の山の画像と名前の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
Aの画像(山頂部に雪)───富士山
Bの画像(麓に緑の畑)───羊蹄山 「蝦夷富士」
Cの画像(麓は海)───開聞岳 「薩摩富士」
引用元:富士山と画像「富士山」山頂に雪・街からの眺め「羊蹄山」麓に広がる畑・蝦夷富士「開聞岳」海(長崎鼻?)からの眺め「薩摩富士」「タコマ富士」レーニア山「ペルー富士」ミスティ山 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/14030/

278AjmgOyP
279JFwCAgV
2013年に、80歳と史上最高齢で
エベレスト登頂に成功した
日本人冒険家は三浦雄一郎ですが

2012年に、73歳と女性では
世界最高齢でエベレスト登頂に
成功した登山家は?
フルネームで答えなさい
わたなべたまえ(答)
渡辺玉枝
引用元:「渡辺玉枝」女性最高齢73歳でエベレスト登頂 「三浦雄一郎」最高齢80歳でエベレスト登頂 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/24449/

角川文庫

神々の山嶺 上
著者 夢枕 獏
定価: 778円(本体720円+税)
発売日:2014年06月20日 判型:文庫判 商品形態:文庫 ページ数:544 ISBN:9784041017760
伝説の登攀者、羽生丈二。エヴェレスト、前人未踏の冬期単独登攀に挑む!
天賦の才を持つ岩壁登攀者、羽生丈二。第一人者となった彼は、世界初、グランドジョラス冬期単独登攀に挑む。しかし登攀中に滑落、負傷。使えるものは右手と右足、そして――歯。羽生の決死の登攀が始まる。
引用元:神々の山嶺 上 夢枕 獏:文庫 | KADOKAWA https://www.kadokawa.co.jp/product/321402000192/

『神々の山嶺』(かみがみのいただき)は、夢枕獏による小説。『小説すばる』にて1994年7月から1997年6月号まで連載され、1997年8月に集英社により上下巻が刊行された。のちに文庫化。角川文庫より一巻本で文庫化(映画化タイトルにあわせ『エヴェレスト 神々の山嶺』に改題)。第11回平成10年度柴田錬三郎賞受賞。

登山家である羽生丈二が、前人未到のエベレスト南西壁冬期無酸素単独登頂に挑む姿を描く。ストーリーにジョージ・マロリーはエベレストに登頂したのか?という実際の登山界の謎を絡めており、その謎に答えを出しているが、内容はフィクションである。

なお登山者向け雑誌『岳人』(ネイチュアエンタープライズ)では2014年9月号より夢枕による『「神々の山嶺」創作ノート』を連載中。

またこの小説を原作とした漫画作品が谷口ジロー作画で『ビジネスジャンプ』(集英社)に2000年から2003年まで連載された。単行本全5巻。この作品は2001年に第5回文化庁メディア芸術祭マンガ部門・優秀賞を受賞した。

2016年には映画化されている。

スピンオフ作品として長谷常雄が主人公の『呼ぶ山』があり、夢枕獏山岳短篇集の表題になっている。『グランドジャンプPREMIUM』2016年3月号には猿渡哲也の作画で漫画化もされた。
引用元:神々の山嶺 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E3%80%85%E3%81%AE%E5%B1%B1%E5%B6%BA

蒼天の白き神の座とは、高峰登山を題材にしたプレイステーション用シミュレーションゲームである。1998年7月16日にソニー・コンピュータエンタテインメントから発売された。

地味な題材・高い難易度が障害となり、知名度は決して高くは無いが、プレイステーションでも屈指の名作と言える。

余談であるが、このソフトの開発スタッフが有名なアダルトゲームブランド「age(アージュ)」の前身となった。

概要
プレイヤーは登山隊の隊長となり、隊員を率いて未踏峰への登頂を目指すゲームである。
隊長自身は安全な場所から動けないが、隊員たちは厳しい環境の中で命の危険にさらされる。
それを綿密な計画と的確な指示で損害を回避し、隊員たちを山の頂へ導かなければならない。

非常に完成度の高いゲームであるが、題材が題材だけに敷居も難易度もかなり高い。
比較的丁寧なチュートリアルがいつでも呼び出せるようになっているものの、それだけでは一番低い山を落とすことすらおぼつかない。
大抵の場合、大自然の脅威という言葉の本当の意味をプレイヤーは思い知ることになる。

だが最初の敷居を越えてしまえば、いろいろなことが見えてくる。
そうなれば山に呼ばれるという感覚まで理解できるようになるだろう。

余談だが、隊長の初期名“暮糸 緋郁”は本作のサブタイトル“GREAT PEAK”のもじりである。
このダジャレがハードな世界観を台無しにしているような気がしてならない……。
引用元:蒼天の白き神の座とは (ソウテンノシロキカミノクラとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/%E8%92%BC%E5%A4%A9%E3%81%AE%E7%99%BD%E3%81%8D%E7%A5%9E%E3%81%AE%E5%BA%A7