永尾かね駒製作所

かつて小学生が携帯し
文房具として使われた
折りたたみ式の小型ナイフ
のことを何という?
筑前守

肥後守(答)
陸奥守
越前守
0%

肥後守(ひごのかみ)は、日本で戦前から使われている簡易折りたたみ式刃物(ナイフ)。

登録商標であり特定の製品の名称であるが、同形状のナイフの総称として呼称されることが多い(後述)。

この形状のナイフの製造が始まったのは1890年代と考えられている。単純な構造のため安価に製造でき、ほとんど壊れる箇所が無い(部品が少ない)ため、長く使用出来る。鉛筆を削ったり、竹とんぼなど玩具を作る道具として子どもにも行き渡り、1950年ごろに最盛期を迎えるが、やがて鉛筆削り器やカッターナイフの普及に加えて全国に拡がった「刃物を持たない運動」[1]などに押されて徐々に姿を消した[2]。一方、稀な例ではあるが、刃物の扱い方の学習のため、全校生徒に肥後守を持たせて鉛筆を削る際等に使用することを奨励している小学校も存在する。 また、近年は団塊世代を中心に静かなブームとなっており[2]、熱心な愛好者やコレクターも存在する。

登録商標
2005年現在、肥後守(ひごのかみ)は兵庫県三木市にある永尾駒製作所製造の登録商標[3]であり、同社およびOEMで生産しているフォールディングナイフの商品名となっている。なお同社およびOEM生産以外でもこの種のフォールディングナイフとしての性能を満たしていないということはない。良い作りのものも数多く存在しており、愛好家の収集の対象となっている。 元々は三木市の三木洋刃製造業者組合の組合員だけが使用することの出来る名称であったが、組合員である製造業者が減り、現在では永尾駒製作所のみとなっている。
引用元:肥後守 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%A5%E5%BE%8C%E5%AE%88

明治27年ごろ金物問屋『重松太三郎氏』が鹿児島から持ち帰ったナイフ※ を元に、携帯できるよう「チキリ(尾)」をつけて刃と柄を折りたためる構造を考案したと言われています。
当時取引先の多くが九州南部(主に熊本)だったことから製品名を『肥後守ナイフ』として販売したところ、現地で好評を得て販売数が大幅に増加しました。

刃は当時より両刃(V字断面の刃)だったと言うのが定説です。(この点は片刃の切り出しとは異なります)
刃体の形状も少しずつ変わってきました。初めは切っ先のとがった鋭利な形状(笹刃)から四角になりました。また柄も縦曲げと横曲げがありました。(現在では縦曲げは定番製品では製造していません。)

明治44年に神戸市で開催された「神戸第一回貿易生産共進会」で、後の大正天皇が展示されていた肥後守を大変気に入り御買い上げになったことで肥後守ナイフの名声がより広まったと伝えられています。

※ 重松太三郎氏が九州(鹿児島・熊本)より持ち帰った2本の刃物は『刀子(とうす)』『小柄(こづか)』のような刃物だったと伝えられています。
とうす【刀子】古い形状の切り出し、万能小刀。
こづか【小柄】わきざしのさやの外側にさし添える小刀。

※播州特産金物発達史より引用抜粋

明治32年に「肥後守ナイフ組合」が設立され、最盛期には登録製造業者40軒、肥後守ナイフの製造に従事する者が200名を数える大きな産業となりました。

しかし各地で肥後守を模造した粗悪品が多く造られるようになり、様々なトラブルが発生したため、明治43年「肥後守」の名称を商標登録し、これ以後「肥後守」は三木洋刀製造業者組合の組合員だけが使用することができる名称となりました。

その後、時代の流れでカッターや電動鉛筆削りの登場、また昭和30年代に刃物追放運動が起こり、製造と販売に大きな打撃を受けました。
転職、廃業する業者が後を絶たず、現在では『肥後守』の商標を使用できるのは永尾かね駒製作所のみをなっています。

登録商標:肥後守 / 肥後守定かね駒
引用元:肥後守の歴史 – 肥後守 永尾かね駒製作所 = Higonokami Knife = https://www.higonokami.jp/history.html