【桂皮】

お菓子などの香辛料として
使われるのはシナモンの木の
種子である
×(答)
71%


次のうち、「4大スパイス」の
1つに数えられる香辛料を
全て選びなさい
シナモン(答)
ターメリック
トウガラシ
こしょう(答)
ナツメグ(答)
クローブ(答)
引用元:「クローブ」四大スパイスのひとつ「丁字」インドネシア原産 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/32860/


次のうち
サンリオのキャラクター
シナモエンジェルスの
メンバーを全て選びなさい
ポロン
シフォン(答)
アズキ(答)
モカ(答)
引用元:モカ、シフォン、アズキ「シナモエンジェルス」 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/35352/

シナモン(英: Cinnamon)は、ニッケイ属(Cinnamomum)の複数の樹木の内樹皮から得られる香辛料である。ニッキ(肉桂〔ニッケイ〕の音変化)とも。また、生薬として用いられるときには桂皮(ケイヒ)と呼ばれる。特徴的な芳香成分はシンナムアルデヒド、オイゲノール、サフロールなど。

熱帯各地で幅広く栽培される。香り高く、『スパイスの王様』と呼ぶ者もいる[1]。

香辛料
香辛料としてのシナモン(シンナモンとも)は上記のシナモンの樹皮をはがし、乾燥させたもの。独特の甘みと香り、そしてかすかな辛味がありカクテル、紅茶、コーヒー等の飲料やアップルパイ、シナモンロールなどの洋菓子の香り付けに使われる。南アジア、中東、北アフリカでは料理の香りづけに頻繁に用いられる。インド料理の配合香辛料ガラムマサラの主要な成分でもある。インドのチャイの香りづけにもかかせない。近縁種のシナニッケイ(支那肉桂、ニッキ、C. cassia)の樹皮からも作られる。ただしシナニッケイからつくられるものはカシアと呼ばれ、成分が若干異なる。

粉末状に加工したいわゆるシナモンパウダーのほか、樹皮のまま細長く巻いた形のシナモンスティック(カネール(フランス語: cannelle)とも)が広く流通する。
引用元:シナモン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%A2%E3%83%B3