【橋本宇太郎】初代十段【本因坊】原爆下の対局

前身は早碁名人戦
初代優勝者は橋本宇太郎
20人によるトーナメント
産経新聞社が主催
十段戦(答)
本因坊戦
棋聖戦
天元戦
29%


1945年8月6日に行われた
橋本宇太郎と岩本薫による
有名な原爆下の対局は、囲碁
のどんなタイトル戦だった?
棋聖
名人
天元
本因坊(答)
55%

十段(じゅうだん)は、囲碁の棋戦の一つである十段戦で優勝した棋士に贈られるタイトル。日本棋院および関西棋院の昇段制度(初段~九段)とは別個に運営される、独立した称号である。

十段戦
1961年創設。前身は早碁名人戦。産経新聞社主催。2011年の第49期より森ビルが協賛し、森ビル杯十段戦となる。優勝賞金は1500万円であったが、この時より1200万円に改められ、それに伴いタイトルとしての序列は4位から6位に下がった。更に50期からは750万円に改められ、序列も7位に後退した。翌51期には700万となっている。挑戦手合であり、持ち時間は2002年まで5時間、2010年まで4時間、2011年より3時間。

第49期まで七大タイトル戦では唯一、敗者復活戦方式がとられた。16名からなるトーナメント戦で、一度敗退した者は敗者組トーナメントに回り、その優勝者と本戦トーナメント優勝者とで挑戦者決定戦をおこなった。挑戦者はタイトル保持者と五番勝負をおこない、優勝者を決めた。本戦トーナメントで2勝以上した8名は次期にシードされ、予選勝ち抜きの8名とともに挑戦者決定トーナメントを戦った。

第50期からは20人による単純トーナメント方式となっている。
引用元:十段 (囲碁) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E6%AE%B5_(%E5%9B%B2%E7%A2%81)

早碁名人戦(はやごめいじんせん)は、日本の囲碁の棋戦。1954年(昭和29年)に開始された関西棋院早碁名人戦と、1956年(昭和31年)に開始された日本棋院早碁名人戦が行われた。それぞれ1961年まで、各8、6期で終了。後継棋戦はこの二つが統合された十段戦。多くの棋戦の持時間が10時間だった当時、持時間4時間、一日打切りの棋戦として実施された。
引用元:早碁名人戦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A9%E7%A2%81%E5%90%8D%E4%BA%BA%E6%88%A6