【グレート天海】「石田」天海

かつては、その名を冠した創作
奇術の賞も存在した、欧米では
「テンカイ」と呼ばれて親しまれた
日本人マジシャンは◯◯天海?
前田
引園
石本
石田(答)
32%


本名を「中井かつ」という三島由紀夫の小説『仮面の告白』にも登場する20世紀初頭の女奇術師は?
松旭斎天勝(答)
しょうきょくさいてんかつ


日本独特の伝統的な
奇術のことをさす言葉です
和妻
わづま(答)


ここが主催するコンテストに入賞
することが一流マジシャンへの
登竜門となっている、「マジック
協会国際連合」の略称は?
ISFTC
LUPGM
FISM(答)
フィズム
Fédération internationale des sociétés magiques

石田 天海(いしだ てんかい、1889年〈明治22年〉12月1日 – 1972年〈昭和47年〉6月6日)は、日本の奇術師。本名は石田 貞次郎。愛知県名古屋市出身。

天勝一座
1922年33歳で再び上京、一時松旭斎天洋一座に入るが、乞われて当時大人気を誇った松旭斎天勝一座に参加する。1924年天勝一座とアメリカ合衆国巡業に発ち、ハワイ、サンフランシスコ、シカゴ、バンクーバー、ニューヨークとまわる。

戦後の活動
ハワイで終戦を迎え、帰還米兵の慰問や地元での公演をおこなう。1949年、一時帰国して学童慰問で各地をまわる。昭和天皇に1時間余にわたって奇術をご覧に入れた。明治、大正、昭和の三代の天覧に浴したことになる。東京アマチュア・マジシャンズ・クラブ(TAMC)でクロースアップ・マジックを日本に初めて紹介した。[3]

ロサンゼルスなどの西海岸を中心に公演をおこない、テレビにもたびたび出演した。1958年、シカゴにて狭心症発作で倒れ、ロスアンゼルスで療養生活を送る。全米各地のコンベンションに出場、「グレート天海」の称号を受ける。SAM(Society of American Magicians)終身名誉会員となる。
引用元:石田天海 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E7%94%B0%E5%A4%A9%E6%B5%B7