【熱愛】

作家・愛川晶の作品に登場する
女子高校生の名探偵
根津愛
ねつあい(答)
39%

085DWRgIbN
『化身』
『道具屋殺人事件』
『芝浜謎噺』
『巫女の館の密室』
東川篤哉 ひがしかわとくや『謎解きはディナーのあとで』
霞流一  かすみりゅういち「バカミスの第一人者」
愛川晶(答)
芦辺拓 あしべたく「森江春策(しゅんさく)の事件簿シリーズ」
引用元:芦辺拓『三百年の謎匣』『時の誘拐』『時の密室』『時の審廷』 愛川晶『化身』『道具屋殺人事件』『芝浜謎噺』『巫女の館の密室』 「パスティーシュ」文体を模倣した作品 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/16030/

根津 愛(ねつ あい)は、愛川晶の推理小説の短編・長編諸作品に登場する架空の女性。

人物像
仙台市内の女子高校に通う2年生(16歳)で正統派の美少女。宮城県警きっての敏腕刑事であった父・根津信三の代理として事件に首を突っ込むことから美少女代理探偵と呼ばれる。

短編『一円切手四枚の謎』で初登場。リレー推理小説『堕天使殺人事件』で再登場してから『夜宴』で長編デビュー。持ち前の推理力を武器にゾンビ、吸血鬼、トレパネーターなどを相手にしている。

バーチャファイターにはまって以来合気道を習いはじめ師範代代理を務められるほどの達人。

なお、モデルは作者のかつての同僚の娘で、この女性は短編を収めた単行本『根津愛(代理)探偵事務所』の表紙写真のモデルとなっている。
引用元:根津愛 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B9%E6%B4%A5%E6%84%9B

愛川 晶(あいかわ あきら、1957年5月30日[1] – )は、日本の小説家・推理作家。福島県福島市生まれ[1]。福島県立福島高等学校[2]を経て、筑波大学第二学群比較文化学類卒業[1]。

高校の社会科教員を勤めながら、1994年、『化身』で第5回鮎川哲也賞を受賞し小説家デビュー[1]。大掛かりなトリックを用いた本格推理小説を数多く執筆している。

シリーズものとしては女子高生探偵が活躍する根津愛シリーズがある。
引用元:愛川晶 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E5%B7%9D%E6%99%B6

長編本格推理小説 (美少女代理探偵の事件簿シリーズ)

ダイニング・メッセージ 愛川 晶 2007/1/20

見合いの話が断れなくて困っている――。何と、見合い相手のシチューに混入したビー玉が原因だという。相談を受けた刑事・桐野は行き詰まり、美少女代理探偵・根津愛(ねつあい)がその問題の解決に挑む。その後も、絶対嗅覚を持つ女、“食人鬼”からのメールと、難題の数々……。そのうえ、さらなる大きな企みが! 日常の謎を鮮やかに解明。根津愛が活躍する究極の“事件”。
価格:600円(税込 630円) 購入
引用元:光文社電子書店|本店ショールーム http://www3.kobunsha.com/kappa/author/a/01090.html