【ワトソン不在】『白面の騎士』『ライオンのたてがみ』

次のシャーロック・ホームズ
シリーズの小説のうち
ワトソンが登場しないものを
全て選びなさい
『白銀号事件』
『白面の騎士』(答)
『マザリンの宝石』
『ライオンのたてがみ』(答)
46%

次のうち
名探偵シャーロック・ホームズが
活躍する長編小説を
全て選びなさい
『四つの署名』(答)
『グリーン家殺人事件』
『パルカヴィル家の犬』(答)
『緋色の研究』(答)
『恐怖の谷』(答)

次のシャーロック・ホームズ
シリーズの小説のうち
ホームズがワトソンと知り合う
以前の物語を全て選びなさい
『マスグレーヴ家の儀式』(答)
『グロリア・スコット号事件』(答)

シャーロック・ホームズシリーズ(英: Sherlock Holmes)は、小説家アーサー・コナン・ドイルの作品で、シャーロック・ホームズと、友人で書き手のジョン・H・ワトスンの織り成す冒険小説の要素を含む推理小説である。

1887年から1927年にかけて、60編(長編4、短編56)が発表された。長編として発表した第1作、第2作は人気が出なかったが、イギリスの月刊小説誌「ストランド・マガジン」に依頼され、短編を連載したところ大変な人気となった。それ以降の作品はすべて同誌に発表された。

物語は基本的に事件の当事者、あるいは捜査に行き詰まった警察がホームズに助けを求め訪ねて来ることで始まる。ホームズが現場に調査に行き、警察の見過ごした証拠を発見し推理を働かせて事件の謎を解き[1]、物語は終わる。ほとんどの作品がワトスンによる事件記録、という形で書かれている。変人の探偵と常識人をコンビにして相棒を物語の書き手とするスタイルは、「史上初の推理小説」といわれる『モルグ街の殺人』(エドガー・アラン・ポー、1841年)を踏襲している。

シリーズのほとんどの作品がワトスンの一人称で記述されているが、「最後の挨拶」と「マザリンの宝石」は三人称、「白面の兵士」と「ライオンのたてがみ」はホームズの一人称で記述されている。「グロリア・スコット号事件」と「マスグレーヴ家の儀式」は、ホームズがワトスンと知り合う以前の体験を語って聞かせるという体裁をとり、実質ホームズの一人称での記述になっている。また『緋色の研究』と『恐怖の谷』の後半に、かなり長く三人称で過去の出来事を語った部分がある。
引用元:シャーロック・ホームズシリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA