『ゴールデンスランバー』『謎解きはディナーのあとで』『海賊とよばれた男』

次の小節を
「本屋大賞」を受賞した
順に選びなさい
『東京タワー』 2006(第3回)
『ゴールデンスランバー』 2008(第5回)
『天地明察』 2010(第7回)
『謎解きはディナーのあとで』 2011(第8回)
『海賊とよばれた男』 2013(第10回)
55%

146OyWDoFf
2015年に本屋大賞を受賞した
医療を題材にした上橋菜穂子の
ファンタジー小説は『◯の王』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
しか(答)
『鹿の王』
41%

293FOihACxcEY
長野県の山村に伝わる伝統芸能を
題材とする、原田芳雄の遺作
となった2011年公開の映画は
『◯◯村騒動記』?
山熊
白猿
小鹿
大鹿(答)
『大鹿村騒動記』

CIMG4591
子鹿を描いた小説『バンビ』を
書いたオーストリアの作家は
フェリックス・◯◯◯◯?
◯を答えなさい
ザルテン(答)
「フェリックス・ザルテン」
引用元:『鹿の王』上橋菜穂子のファンタジー小説 本屋大賞受賞 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/28137/


次のうち、本屋大賞を受賞した
恩田陸の小説を全て選びなさい
『夜のピクニック』(答)
『夢違』
『ユージニア』
『蜜蜂と遠雷』(答)
引用元:『蜜蜂と遠雷』『夜のピクニック』本屋大賞 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/36843/

本屋大賞(ほんやたいしょう)とは2004年に設立された、NPO法人・本屋大賞実行委員会が運営する文学賞である。

一般に、日本国内の文学賞は、主催が出版社であったり、選考委員が作家や文学者であることが多いが、本屋大賞は、「新刊を扱う書店(オンライン書店含む)の書店員」の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される。

選考は年1回単位でおこなわれ、選考期間は年度終わりの5か月間である[1]。本屋大賞の実行委員会は書店員たちが集まって2003年に立ち上げられたものであり、文学賞の運営を行うような経験がある人間はいなかった[1]。しかし第1回、第2回の受賞作が大きく部数を伸ばしてベストセラーになり、大賞の投票に参加する書店員も増えていった[1]。現在では、直木賞や芥川賞を受賞した作品よりも、売上部数が伸びる賞として大きな注目を集めている。

部門
本屋大賞には複数の部門があり、それぞれ対象作品・選出方法が異なる。受賞作品の作者には正賞としてクリスタルトロフィーが、副賞として10万円分の図書カードが授与される。

本屋大賞
対象作品は過去1年間に刊行された日本の小説。1次投票で1人3作品を選び投票を行なった後、選出された上位10作品のうちから2次投票をおこない決定する。1次投票には制約はないが、2次投票はノミネートされた10作品を全て読んだ上で推薦理由を記載し投票しなければならない。2次投票は、3作品に順位をつけて投票し、順位に応じた点数をつけて集計される。各順位の得点は、1位=3点、2位=2点、3位=1.5点。ただし、第1回と第2回のみ、1位=5点、2位=3点、3位=2点で集計された。

第15回までのノミネート作を作家別にみると、最多は伊坂幸太郎の11作[注 1]で、森見登美彦が5作、有川浩、小川洋子、辻村深月、西加奈子、百田尚樹、万城目学、三浦しをんが各4作、原田マハ、東野圭吾、吉田修一が各3作と続く。
引用元:本屋大賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E5%B1%8B%E5%A4%A7%E8%B3%9E