【仏】シャテルドン【白】ヴァルヴェール【瑞】ラムローサ

次のミネラルウォーターを
水源地の国ごとに
グループ分けしなさい
【フランス】シャテルドン
【ベルギー】ヴァルヴェール
【スウェーデン】ラムローサ
29%

フランス王ルイ14世が愛した「太陽王の水」として名高いプレミアムスパークリングミネラルウォーター。
限られた生産量ゆえ、フランスでは主に高級ホテルや一流レストランなどでしか味わうことのできない貴重な水です。上品な泡と洗練を極めた味わいは、高級なワインと同じように、食事とともにお楽しみいただけます。

「この水は時に閣下の健康を回復し、時に重圧感から解放し、また常に癒されることでしょう。」 このような言葉と共に、1650年、シャテルドンは主治医からフランス太陽王ルイ14世の健康を願って献上されました。シャテルドンに魅了されたルイ14世は、ラバの背に乗せ、オーヴェルニュ地方からヴェルサイユへ定期的に運ばせました。以来、ヴェルサイユ宮殿の宴と食卓を飾り、今日に至っています。
引用元:シャテルドン|大塚食品 http://www.otsukafoods.co.jp/brand/chateldon/

バルヴェールの歴史と水源地
「緑の谷」を意味するその名のとおり、ベルギーのアルデンヌ地方の奥深く、緑豊かなエタールの森に水源がある。

森の中に古代ローマ時代の遺構が残っており、そこからこの泉が発見されたのは約2000年前と推測されている。偶然にも周辺環境は手つかずのまま今日に至り、現在はベルギー政府により厳しく保護されているという。

皇居の約30倍の広さに相当する3000ヘクタールに及ぶ森林に、年間1200ミリという豊潤な雨が降り注ぎ、落葉樹の落ち葉のフィルターやジュラ紀堆積層により長期間じっくりと育まれ、その後バルヴェールとして世界の愛飲者達の元に届く。

カルシウム以外の陽イオンの含有量が少なく、それがこの水の爽やかさをお膳立てしているのかもしれない。

バルヴェールはネスレグループが持つブランドだが、現在は日本への輸入が行われていないのが残念。

ベルギーの他の名水として、「スパ」の語源となったリエージュ地方の有名温泉地の水、「SPA」などが挙げられる。
引用元:バルヴェール / Valvert - 水広場 - https://www.mizuhiroba.jp/list/item/Valvert.html

ラムローサ(Ramlösa)はスウェーデンのヘルシンボリ南部にあるラムローサ・ブルンスパルク(Ramlösa Brunnspark)を源泉とした発泡性ミネラルウォーターのブランドである。ラムローサの起源は1707年まで遡る。
引用元:ラムローサ (ミネラルウォーター) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B5_(%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC)