カニグズバーグ『クローディアの秘密』

メトロポリタン美術館を
舞台にした、アメリカの作家
カニグスバーグの児童文学は
『◯◯◯◯◯◯の秘密』?
クフーアジ
ニデェロィ
クローディア(答)
36%

クローディアの秘密
家出のゆくさきはメトロポリタン美術館.

この本の内容
少女クローディアは,弟をさそって家出をします.ゆくさきはニューヨークのメトロポリタン美術館.2人は,ミケランジェロ作とされる天使の像にひきつけられ,その謎を解こうとします.
引用元:クローディアの秘密 – 岩波書店 https://www.iwanami.co.jp/book/b269525.html

エレイン・ローブル・カニグズバーグ(Elaine Lobl Konigsburg, 1930年2月10日 – 2013年4月19日)はアメリカの児童文学作家。

1967年デビュー。1968年、『クローディアの秘密』で初の、1997年『ティーパーティーの謎』で二度目のニューベリー賞を受賞。デビューから晩年までウィットに富んだ洗練された作風で、子供に限らず幅広い年齢の読者から支持を受け続けていた。ハンガリー系のユダヤ教徒。

作品
『クローディアの秘密』、『ティーパーティの謎』、『エリコの丘から』、『800番への旅』、『魔女ジェニファとわたし』の5冊が岩波少年文庫で読める(うち数作品は、改訳が進行中)。そのほか、別巻:講演集も含め、全十巻のカニグズバーグ作品集があり、最新作『スカイラー通り19番地』も岩波書店から出版されている。いくつかの作品は歴史小説的な背景も持っている(『ジョコンダ夫人の肖像』ではレオナルド・ダ・ヴィンチが「モナリザ」を描くに至った経緯を推察)。
引用元:E・L・カニグズバーグ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/E%E3%83%BBL%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%8B%E3%82%B0%E3%82%BA%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0