【未来技術遺産】QV-10【すぐ見られる】

1995年にカシオが発売した
世界最初の液晶モニター付き
デジタルカメラは「◯◯-10」?
◯を答えなさい
QV(答)
35%

QV-10はカシオ計算機が1994年11月14日に発表した民生向けデジタルカメラである。1995年3月10日より発売を開始した。2012年9月には国立科学博物館が認定する重要科学技術史資料(未来技術遺産)の一つに認定された。

概要
小型のフルデジタルカメラは、QV-10以前に他社から既に存在している(詳細はデジタルカメラの項目を参照)。畢竟、本製品の成功は、以下に挙げる特徴的なスペックに由来するものに他ならない。この成功はカシオのみならず、デジタルカメラ市場が発展する要因となった。

撮影画像をその場で確認できる背面の液晶パネルを世界で最初に採用した。
パソコンと直接接続して画像を移動させる仕組み(ただし接続キット自体は別売)も備えて「撮ったその場で見られ、パソコンに取り込める」機能を有していた。また発売当時にWindows95の登場によりパソコンおよびインターネットが流行となっていたこともこの機能を有意なものにした。
レンズ部分を回転させられる。これは従来普及していたファインダー式のカメラでは、アイポイントで後方から覗く以外の撮り方では全て勘であったのに対し、ライブビューモニタ式をより活用できる機能と言える。
6万5,000円という低価格にするため、上記のように一部に意欲的な機能を盛り込んだこととは対照的に、性能面(画素数など)は割り切った設計とした。
引用元:QV-10 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/QV-10

国立科学博物館は2012年9月4日、今年度の「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」にカシオ計算機の液晶デジタルカメラ「QV-10」など21点を選んだと発表した(写真1)。9月11日から11月4日まで東京都台東区の国立科学博物館上野本館で「登録パネル展」を開催する。

未来技術遺産は「科学技術の発達上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つもの」「国民生活、経済、社会、文化の在り方に顕著な影響を与えたもの」を国立科学博物館が選定する。実物や関連資料を”遺産”として保全・継承する狙いがあり、今回選ばれた21点の多くは1980年以前の製作品。1995年製作(発売)の「QV-10」が選ばれるたのは、異例の早さである。

選定理由によると、QV-10は世界で初めてカラー液晶モニターを搭載し、一般向けに発売されたデジカメで、画像の画素数は25万画素。当時としては破格の6万5000円で販売されてヒット商品になり、デジカメが普及するきっかけになった。国際的に見ても日本の科学技術発展の独自性を示すものであり、銀塩カメラからデジタルカメラへの転換点となったことが評価された。
引用元:デジカメ「QV-10」が早くも未来技術遺産に 国立科学博物館  :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK05029_V00C12A9000000/

1995年3月に発売されたカシオ計算機「QV-10」は、またたく間にヒット商品となった。今では想像することさえ難しいが、「撮影して、写真をその場で液晶で見られる」ということに絶大な価値があったのだ。それまでのフィルムを使う写真は、現像後まで結果が分からないものであって、どうしてもその場で写真を見たい時はポラロイドカメラを使うしか方法が無かったからだ。

 スイバル式の筐体、ピント固定、光学ファインダーやストロボを省くなど、光学系のカメラメーカーでは考えつかない設計で価格を抑え、「デジタルカメラ」の概念を世間に知らしめた記念碑的な機種である。当時、高額だったメモリーカードを別に買わなくても、内蔵2Mバイトのフラッシュメモリーで96枚も撮影できることも魅力だった。

 そして翌1996年3月にマイナーチェンジされたのがこのQV-10Aだ。

今でも初めてこのQV-10Aを娘の幼稚園の運動会に持ち込んだ時のことが忘れられない。準備運動の最中に何枚か撮影をして、液晶を眺めていた僕のまわりに、あっという間に4~5人のお父さんたちが集まった。興味津々、男性はどんな時代でも先端技術が好きなのだった。「すぐに見られるんですか!」「高いんですか?」「サンキュッパです」「おお、俺も買うぞ!」あまりの関心の高さに僕はこの時、悲しいけれど長年プロとして慣れ親しんだフィルムの時代が終焉を迎えることを確信したのだった。

それでも1996年当時のプロ用デジカメは印刷用にはまだまだ画素数が足りず、しかも高額なものであったからフィルムが主流なことには変わりはなかった。でも僕はこの非力なQV-10Aを仕事の現場に持って行くことによって「来たるべき時代」の予行演習のようなことをやっていた。

 「ロケハン」、つまり実際の撮影の前にクライアントと現場を見に行く時がそれだった。普通は言葉で説明し、こういう絵が撮りたいと具体的に見せたい時はポラを引いて現像時間が90~120秒、これが意外に長い。間が持たない。しかし、QV-10Aならお手軽だ。ポンポンと撮ってそれを見ながらディスカッションできる。いらなくなったら消せる。ああ、将来の僕の仕事はこういうカタチになって行くんだなということが実感できた。
引用元:10年先の写真を見据えて――カシオ「QV-10」 (1/2) – ITmedia NEWS http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1101/11/news028.html

カシオ計算機は5月9日、2018年3月期の決算を発表。その中でコンパクトデジタルカメラ事業の撤退を明らかにした。

 同社は「G-SHOCK」の技術を応用したタフネスデジカメ「G’z EYE」など、独自ジャンルの製品を投入するもコンデジ市場の縮小により挽回できなかったとし、赤字体質からの脱却のため撤回を決定した。

 今後は独自技術やノウハウを活用した新しい事業領域の創造を目指すという。

同社は1995年に世界初の液晶付きデジタルカメラ「QV-10」を発売。2002年には当時世界最薄のカードサイズをうたった「EX-S1」、2008年に1200fpsの撮影を可能とした「EX-F1」などをリリースしてきた。
引用元:ASCII.jp:カシオがコンデジから撤退 QV-10からの主なデジカメを振り返る http://ascii.jp/elem/000/001/674/1674140/