Yell Master

ボーイスカウトでキャンプ
ファイヤーや集会の司会者
イエールマスター(答)
32%

◯×
ガールスカウト運動は、ボーイスカウト運動の創始者の妹が始めた
◯(答)

並べ替え
ロンドンの南西に浮かぶイギリスの島で、ベーデン=パウエル卿によるボーイスカウト運動の始まりの地として有名なのはどこ?
ブラウンシー島(答)


次のボーイスカウトの部門を
所属するメンバーの
年齢が低い順に選びなさい
ビーバースカウト
カブスカウト
ベンチャースカウト
ローバースカウト
引用元:ビーバースカウト https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/36533/



次のうち、キャンプファイヤーの
焚き木の組み方で
実際にあるものを全て選びなさい
屋台型
井桁型(答)
星型(答)
インディアン型(答)
ダイヤモンド型(答)
六角形型(答)
クローバー型
ブリーン型
38%
引用元:「インディアン型」「星型」「ダイヤモンド型」「六角形」「井桁型」 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/38043/

イエール (Yell) 英語:

 叫び声、応援など励ましの掛け声。ボーイスカウト用語としては、祝声や励ましの声援として、公式にきまった言葉がある。例えば、日本では「いやさか」がこれにあたる。外国では、公式のものではなく、さまざまなイエールが使われるのが一般的である。エールと同じ。

イエールマスター(Yell Master)

 進行係(司会者)のこと。キャンプファイアーや集会で、中心になってプログラム(歌やゲーム等)の進行や式をする者。
引用元:スカウト用語集 of 公益財団法人ボーイスカウト日本連盟 https://www.scout.or.jp/for_members/material/scout_word.html

キャンプファイヤー(campfire)は、キャンプで焚き火を囲んで行われる行事である。集い・儀式的な要素を持つものをそう呼び、単にキャンプで焚かれるというだけの火(たとえば料理や動物避けのための焚き火)は、キャンプファイヤーとは呼ばない。

キャンプ以外の祭事などで火を焚く行事は、ボーンファイヤー (bonfire)、ファイヤーラリー (fire rally)、ファイヤーストーム(日本での語法。本来は火災旋風のこと)などと呼ばれる。ボーイスカウトでは「営火(えいか)」とも呼ばれる。

キャンプのプログラム
キャンプファイヤーの定義は人によっても異なるが、一緒にキャンプをしている団体のメンバーが集まって輪になり、その中心に薪を組んで、焚き火をする形が一般的である。火が燃えている間、集まった全員で歌を歌ったり、踊ったり、過ごし方はさまざまである。

焚き火そのものの火力の操作などをする人を「ファイヤーキーパー(営火係)」といい、その周りで、コミュニケーションゲームや歌などの行事全体を仕切る人を「エールマスター(司会)」という。

また、キャンプファイヤーによっては、「ファイヤーチーフ(営火長)」や「火の神」などと呼ばれる、井桁などへの点火で重要な役割を行う担当者を設けることもある。この役割の人選にあたっては、学校や各種団体などの責任者、もしくはスタッフの最年長者などが選ばれることが多い。
引用元:キャンプファイヤー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC