【祖父ウェッジウッド】ダーウィン

陶芸作家のジョサイア・
ウェッジウッドを祖父に持つ
人物は?
チャールズ・ダーウィン(答)
チャールズ・ディケンズ
ルイス・キャロル
ウィリアム・シェークスピア
33%

144rpastrcnord
次のうち、イギリスの博物学者
チャールズ・ダーウィンが
行ったものを全て選びなさい
進化論を唱えた(答)
『種の起源』を著した(答)
『動物哲学』を著した ラマルク
ビーグル号で航海した(答)
コンチキ号で航海した トール・ヘイエルダール
67%
引用元:『種の起源』『ビーグル号航海』「進化論」ダーウィンの業績 https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/30001/

ジョサイア・ウェッジウッド(Josiah Wedgwood, 1730年7月12日 – 1795年1月3日)はイギリスの陶芸家、事業家。イギリス最大の陶器メーカー「ウェッジウッド社」の創設者。後にイギリス陶芸の父と称される。窯の中の高温を測るパイロメーター(高温測定計)を発明し王立協会会員にも選ばれた[1]科学者としての一面もある。

備考
磁器を製作する際の融剤として長石の替わりに、リン酸カルシウムを含む牛骨を使ったボーンチャイナの生産を試みたのは、息子のジョサイア・ウェッジウッド2世 (Josiah Wedgwood II)。
ウェッジウッドの娘スザンナは、進化論で有名なチャールズ・ダーウィンの母。つまり、ダーウィンは孫にあたる。また、ダーウィンの妻となったエマ・ウェッジウッドはウェッジウッド2世の娘である。ダーウィンの父方の祖父であるエラズマス・ダーウィンは、ジョサイア・ウェッジウッドの主治医で友人だった。
引用元:ジョサイア・ウェッジウッド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B8%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89