スバル・プレオ、スバル・シフォン


プレオ
シフォン
ステラ
ディアスワゴン
ホンダ
日産自動車
SUBARU(答)
ダイハツ
42%


富士重工業やプリンス自動車の
母体となった、かつての日本最大
の航空機メーカーは◯◯飛行機?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
なかじま(答)
中島飛行機

121kyhdlndblof
プレオ
ディアスワゴン
ステラ
ルクラ
富士重工業(答)
ホンダ
ダイハツ
三菱自動車

279vnsqfrfntzo
ルークス
キックス
オッティ
モコ
三菱自動車
富士重工業
ホンダ
日産自動車(答)
引用元:富士重工業「プレオ」「ディアスワゴン」「ステラ」「ルクラ」 日産「ルークス」「キックス」「オッティ」「モコ」 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/30051/

株式会社SUBARU(スバル、英語: Subaru Corporation)は、日本の重工業メーカーである。

かつての商号は、「富士重工業株式会社」(ふじじゅうこうぎょう、略称:富士重(ふじじゅう)・富士重工(ふじじゅうこう)、英語: Fuji Heavy Industries Ltd.、略称:FHI)であったが、2017年4月1日に自動車のブランド名として広く浸透していた「SUBARU」(スバル)に商号を変更した。

歴史

富士重工業旧本社(新宿スバルビル)
1917年(大正6年)5月、中島知久平(元海軍機関大尉)によって群馬県新田郡尾島町(現: 群馬県太田市)に設立された民営の飛行機研究所を前身とし、太平洋戦争(第二次世界大戦)終戦後、GHQにより財閥解体の対象となった中島飛行機(1945年(昭和20年)に富士産業と改称)がプリンス自動車工業と共に解体されたのが 、富士重工業のルーツである。

軍需から非軍需産業への転換、スクーターやバスなどの輸送用機器開発、企業分割などを経て、旧中島系の主要企業の共同により1953年(昭和28年)に富士重工業を設立、1955年(昭和30年)に参画各社が富士重工業に合併されることで企業としての再合同を果たした。

1958年(昭和33年)発売の軽乗用車「スバル・360」と、その派生型である1961年(昭和36年)発売の軽商用車「スバル・サンバー」が技術的・商業的に大きな成功を収めたことで、以後「スバル」ブランドの自動車メーカーとしての地位を確立し、その他の分野にも多角的に進出しながら現在に至っている。
引用元:SUBARU – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/SUBARU

富士重工業は軽自動車販売でダイハツ工業との連携を強化する。今秋にもスバル販売店でダイハツブランドの軽自動車全車種の販売を始めるほか、OEM(相手先ブランドによる生産)調達に新たにダイハツの人気車種「タント」を加える。富士重は品ぞろえを増やして顧客ニーズに応え、ダイハツは販路を広げることで販売台数の積み増しを目指す。

他社ブランドの車を自社の販売店で売るのは極めて異例。
引用元:スバルの店でダイハツ車販売 16年秋にも「軽」全車種  :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ08INW_Y6A800C1TI1000/

特に、軽自動車の2大メーカーである、スズキとダイハツは、ダントツのOEM供給元となっています。ワゴンRやムーヴは売れまくっている軽自動車ですので、そりゃあ他メーカーも欲しいはずです。

逆に、ホンダだけは、どこにも供給していませんし、どこからも供給されていないので、OEMモデルを持っていません!OEMはメーカーによって独自の考え方を持っています。

ダイハツのタントっていう軽自動車をご存知でしょうか。

タント
室内空間が広く使い勝手が良いので、若者、ファミリーなど幅広いユーザーに受け入れられ、大変良く売れています。有名ですね。

タントのOEM車というと、スバルのシフォンです。

テレビCMなんかでもタントはよく目にしますが、シフォンのCMは見た記憶がありません。

OEM車はメーカーとしては積極的に売りたい車種として持っているのではなく、お店に来たユーザーに、「軽自動車も欲しいな~。」と言われたときに、自社にもありますと言いたいがために持っているものです。

ですので、積極的に売るものではないんです。だからCMでもあまり見ないということです。

あまり知られていないということは知名度が低いということなので、中古車になった場合に、あまり欲しい人がいないということを意味します。そもそも知らない車種なので探さないんです。

あまり欲しい人がいない中古車は価格がどんどん下がっていきます。同じ価格であればみんな有名なタント買いますもん。だから、シフォンはお得になります。
引用元:軽自動車のOEM車【相関図・軽自動車OEM供給一覧】 https://www.keicar-info.com/1.html

プレオ(PLEO )は、SUBARU(旧・富士重工業)が販売していた軽自動車(ハッチバック(軽セダン・軽トールワゴン)及び軽ボンネットバン)である。

概要
初代はヴィヴィオの後継車として1998年10月の軽規格改定時に発売された。2007年以降は商用グレードのみとなり2010年4月に一旦消滅したが、同年4月に軽セダンとしてフルモデルチェンジされ、2年10か月振りに乗用モデルも再設定された。2代目はダイハツ・ミラのOEM車である。
引用元:スバル・プレオ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%AA

シフォン(CHIFFON)は、SUBARU(旧・富士重工業)が販売している軽トールワゴン(軽スーパーハイトワゴン)である。ダイハツ・タント(タントカスタム含む、以下「タント」)のOEM供給車にあたる(生産はダイハツ滋賀工場第2地区)。なお、旧・富士重工業株式会社時代にOEMを含め新規投入された車種としては最後の車種となる。
引用元:スバル・シフォン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3

ステラ(STELLA)は、SUBARU(旧・富士重工業)が販売する軽トールワゴンである。製造は初代モデルのみ富士重工業、2代目以降はダイハツ工業。

概要
ステラはプレオの後継車に近い存在として発売されたが、ステラ発売後もしばらくプレオは併売された[1]。「楽しい関係空間」をコンセプトとし、広い室内空間を実現した。従来の走りやプレミアに重点を置いた路線から、メインターゲットを女性にシフトして1000名以上からアンケートをとり、乗り心地の向上に加え「ベビーカーの乗せやすさ」「後席への乗りやすさ」「チャイルドシートへの乗せやすさ」「後席赤ちゃんへのアクセス」などに重点をおいて開発された。

また、2009年6月4日には電気自動車「プラグイン ステラ」が正式発表された(後述)。R2、R1の生産・販売終了後は、同社で自社生産している唯一の軽乗用車であったが、初代モデルは2011年4月末にオーダーストップ、および生産を終了。そして同年5月下旬をもって販売を終了した。初代モデルの販売終了直後に販売を開始した2代目モデルはダイハツ工業からのOEMモデルとなり、2014年12月にベース車のムーヴのフルモデルチェンジに合わせてフルモデルチェンジを行い3代目となった。なお、自社生産を行っていた初代から現行の3代目まで乗用モデルのみの設定となっており、商用モデル(軽ボンネットバン)は設定されていない。
引用元:スバル・ステラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A9

ディアスワゴン (Dias Wagon) は、SUBARU(旧・富士重工業)が販売するワンボックス型軽乗用車。現行モデルはダイハツ工業からのOEM供給車である。
引用元:スバル・ディアスワゴン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%82%B4%E3%83%B3