【色の魔術師】YSL【カッティング】ラピドス【重ね着】ラガーフェルド【染色】ハセガワ【レース】小室【バロック】ガリアーノ【布地】カルダン【カーブ】アライア【詩人】ウンガロ



世界的なファッションデザイナーで
「ニットの魔術師」との異名で
呼ばれたのはオッタビオ・
ミッソーニですが

「色の魔術師」との異名で
呼ばれたのは?
イヴ・サンローラン(答)
オッタビオ・ミッソーニ
カール・ラガーフェルド
テッド・ラピドス
45%


クリスチャン・ディオールが
発表した次のデザインを
発表された順に選びなさい
チューリップライン 1953
Hライン 1954
Aライン 1955春夏コレクション
Yライン 1955秋冬コレクション


ニュールック
コロールライン
チューリップライン
Hライン、Aライン、Yライン
イブ・サンローラン
ギ・ラロッシュ
ピエール・カルダン
クリスチャン・ディオール(答)


世界的なファッションデザイナーで
「ニットの魔術師」との異名で
呼ばれたのはオッタビオ・
ミッソーニですが

「カッティングの魔術師」と
いう異名を持つのは?
テッド・ラピドス(答)

世界的なファッションデザイナーで
「ニットの魔術師」との異名で
呼ばれたのはオッタビオ・
ミッソーニですが

「重ね着の魔術師」と
いう異名を持つのは?
カール・ラガーフェルド(答)

世界的なファッションデザイナーで
「ニットの魔術師」との異名で
呼ばれたのはオッタビオ・
ミッソーニですが

「皮革染色の魔術師」と
いう異名を持つのは?
マユミ・ハセガワ(答)

世界的なファッションデザイナーで
「ニットの魔術師」との異名で
呼ばれたのはオッタビオ・
ミッソーニですが

「レースの魔術師」という異名を持つのは?
小室しづか(答)

116sZZadSvhTZR
117sZJypfSdPXN
世界的ファッションデザイナーで
「ニットの魔術師」という異名で
呼ばれたのはオッタビオ・
ミッソーニですが

「世紀末バロックの魔術師」と
いう異名を持つのは?
オッタビオ・ミッソーニ
イヴ・サンローラン
ジョン・ガリアーノ(答)
アズティン・アライア

世界的ファッションデザイナーで
「ニットの魔術師」という異名で
呼ばれたのはオッタビオ・
ミッソーニですが

「布地の魔術師」と
いう異名を持つのは?
ピエール・カルダン(答)

世界的ファッションデザイナーで
「ニットの魔術師」という異名で
呼ばれたのはオッタビオ・
ミッソーニですが

「カーブの魔術師」という
異名を持つのは?
「アズディン・アライア」(答)

110CsfVLRxzyW
多彩な配色テクニックから
「色彩の魔術師」「プリントの
詩人」などと呼ばれたデザイナー
はエマニュエル・◯◯◯◯?
ウオバエロ
ールレンガ
ウンガロ(答)
エマニュエル・「ウンガロ」
引用元:「世紀末バロックの魔術師」ジョン・ガリアーノ 「色彩の魔術師」エマニュエル・ウンガロ 「ニットの魔術師」オッタビオ・ミッソーニ 「布地の魔術師」ピエール・カルダン 「カーブの魔術師」アズディン・アライア https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/4224/

ブランドのはじまり
1961年、ピエール・ベルジェ、アメリカの実業家マック・ロビンソンとムッシュ イヴ・サンローランがオートクチュールのメゾン「イヴ・サンローラン」を設立。

イヴ・サンローランについて
サンローラン(Saint Laurent)はフランスのラグジュアリーブランド。

■歴史
創業者はムッシュ イヴ・サンローラン(Monsieur Yves Saint Laurent)。1936年、アルジェリアの港町オランで生まれる。父親が映画館のチェーンを所有していたことから裕福な家庭で育つ。母親の後押しもあり17歳の時にパリオートクチュール組合経営の学校に入学。3ヶ月のコースが終了するころにIWS(国際羊毛事務局)主催のデザインコンクールに応募。ここでカクテルドレスを発表し、ドレス部門最優秀賞を受賞。(このときコート部門の受賞者はカール ラガーフェルド)

コンクールの入賞がきっかけで、54年、クリスチャン ディオールに迎え入れられる。57年、クリスチャン ディオール死去。ディオールの遺志により21歳で後継デザイナーに就任。58年、クリスチャン ディオール死後のパリでの初コレクションで「トラペーズライン」を発表。このコレクションはニーマン・マーカス賞を受賞し好評を博す。その後のホブル・スカート(裾幅の極端に狭いスカート)と60A/Wの「ビートライン」と称されたストリート感覚のスタイルはエレガンスさがないとして不評。60年アルジェリア戦争に徴兵されたことを機に、ディオールを解雇される。除隊後、ディオールのデザイナーのポストは兄弟子のマルク・ボアンが就任していた。

61年、PR系で実績のあるピエール・ベルジェ、アメリカの実業家マック・ロビンソンと組みオートクチュールメゾン「イヴ・サンローラン」を設立。イヴ・サンローランが表現したニューモードは好評を呼ぶ。
引用元:イヴ・サンローラン : Yves Saint Laurent – ファッションプレス https://www.fashion-press.net/brands/5

ブランドのはじまり
1953年、イタリアのオッタヴィオ・ミッソーニとロジータ・ミッソーニ夫妻が、自宅地下でニットウェアワークショップを設立。

ミッソーニについて
オッタヴィオ・ミッソーニとロジータ・ミッソーニの2人はともに1921年生まれ。夫のオッタヴィオは、48年のロンドン・オリンピックに出場。このとき、ロジータの父がイタリア選手団のユニフォームをデザインした。

そのオリンピック開催の年に2人は知り合い、1953年に結婚。結婚後、ロジータの祖父が創業したニット工場を引き継ぎ、スポーツ・ウェアを生産。当初はミッソーニとしてのブランドでは売れず、エマニュエル・カーン、クリスチャーヌ・ベイリーのネームテープをつけて販売された。

1958年の「Milano-Simpathy」と呼ばれた小さなコレクションの際、「Missoni」という名前のラベルが縫い付けられた。66年にミラノでコレクションデビューを果たす。これまでのニットとは一線を画すデザインに注目を浴びた。
引用元:ミッソーニ : Missoni – ファッションプレス https://www.fashion-press.net/brands/142

Karl Lagerfeldカール ラガーフェルド
ブランドのはじまり
1984年自身の名を冠したブランド「カール ラガーフェルド」を設立。また カール ラガーフェルドは「シャネル」、「フェンディ」のデザイナーも担当する。

カール ラガーフェルドについて
カール ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)。1938年 ドイツの北西部、ハンブルグに生まれる。父が乳製品の事業で成功し、裕福な家計で育つ。子供のころから絵の才能に秀で、ファッションデザイナーに興味を持っていた。そんなカール ラガーフェルドの夢を叶えるために両親は彼をパリに送り出す。

1952年、14歳で、パリに移住。パリではオートクチュール組合が経営する洋裁学校に入り、服作りの基礎を学ぶ。ここで一緒に学んでいたのがイヴ・サンローラン。1954年16歳の時に IWS(国際羊毛事務局)のコンクールのコート部門で優勝。(この時ドレス部門で優勝したのがサンローラン)

さまざまなブランドで活躍し、トレンドセッターとしての地位を確立。シャネルでは服のデザインする以外にも、サングラス、バッグと人気商品を生み出した。2007S/Sコレクションを代表とするで白と黒を基調にしたミニスカート(ミニドレス)に大きなサイズのサングラスのスタイルは他ブランドにも大きな影響を与えた。

一時体重が100キロを超えていたがディオール オムの細身のスーツを着たいがためにダイエットに挑戦、13カ月で42キロの減量に成功した。ファッションデザイナーだけではなく、写真家としても有名。
引用元:カールラガーフェルド : Karl Lagerfeld – ファッションプレス https://www.fashion-press.net/brands/135

Ted Lapidusテッド ラピドス
ブランドのはじまり
1951年、パリにてレーベル「テッド ラピドス」を創業した。

テッド ラピドスについて
テッド ラピドスはフランスのファッションデザイナー。ファッション性と快適性を同時に追求した姿勢は、ファッション業界の中でも高く評価されている。

ミリタリースタイルを打ち出したり、世界で始めてショールカラーのニットカーディガン・ジャケットを発表した。また、オートクチュールにジーンズを取り入れた初期のデザイナーの1人でもある。テッド ラピドスの名前を最も有名にしたのは、サファリ・スーツであり、60年代、70年代のファッションシーンのアイコンとなった。
引用元:テッドラピドス : Ted Lapidus – ファッションプレス https://www.fashion-press.net/brands/730

ブランドのはじまり
1946年、クリスチャン ディオールが自身の名を冠したブランドでパリにてオートクチュールのコレクションでデビュー。

ディオールについて
ディオール(Dior)はフランスのラグジュアリーブランド。ウェアからバッグ・小物などのアクセサリー、ジュエリー、コスメティクスまでトータルで展開している。メンズのブランド名はディオール オム。

創業者クリスチャン・ディオール(Christian Dior)は1905年、フランス生まれ。ノルマンディ地方グランビルで裕福な実業家の家に生まれる。 両親の希望で外交官を志して政治学院に学ぶが在学中にシュールレアリスムに魅せられ、画廊を開設するも、1930年代の恐慌のあおりで失職してしまう。その後画廊時代のつながりでファッションの世界に入る。

ディオール死後の1957年、21歳の若さでイヴ・サンローランが主任デザイナーに抜擢。その後、60年にマルク・ボアンが就任して89年までデザインを担当。

70年代から経営危機を迎え、一時親会社のブサック・サンフレール社が国有化される状態に陥るが84年、ベルナールアルノーが経営を引き継ぎブランドを再興させる。現在は、LVMHを経営上の傘下に持つまでに成長した。(※ディオール再建の詳細に関してはLVMHで)
引用元:ディオール(クリスチャン ディオール) : Dior – ファッションプレス https://www.fashion-press.net/brands/14

ブランドのはじまり
2001年、長谷川真弓が中心となって「マユミ ハセガワ」を創立。日本のレザーアクセサリーブランド。

マユミハセガワについて
マユミ ハセガワのコレクションは、レザー製品中心に独自の染色・加工方法で作り上げたコレクションが中心で、真骨頂と言える。レザーの種類は牛皮革、豚(ピッグスキン)・蛇皮(パイソンレザー)などが多く使用される。その他にも綿やシルク等の自然繊維が使われているのが特徴。

斬新な染色が特徴あるベルト・財布・バック・靴を展開しており、その他には、既製品服(ブランドを含む)のジーンズなどに、レザーを加えるなどして、リメイクすることにより、全く新しい服の形を作るといった試みを行っている。ブランドの立ち上げから現在まで、「手作り量産」を主体にした生産体制を重視している。
引用元:マユミハセガワ : MAYUMI HASEGAWA – ファッションプレス https://www.fashion-press.net/brands/344

Welcome to 4298
繊細で表情豊かなレースを贅沢に使用した、
大人の女性ためのエレガンス。

高級感のある素材やプリントを大胆かつ意外な分量感で使用する
デザイナーのこだわりと技術力が細部から溢れ出します。
着るたびに新しい驚きと感動、満足感を感じていただける、美しく個性的なシヅカコムロの世界観をご堪能ください。
引用元:ファッション通販の4298 SHIZUKA KOMURO │ 4298シヅカコムロ 公式通販サイト https://www.shizukakomuro.com/

ブランドのはじまり
1985年、ジョン ガリアーノは自身の名を冠したブランドでロンドンコレクションデビュー。

ジョン ガリアーノについて
ジョン ガリアーノ(John Galliano)はイギリスのファッションブランド。メンズ及びウィメンズを展開。パリにてコレクションを発表している。

創業者はジョン ガリアーノ(John Galliano)。1960年、イギリスの植民地、ジブラルタル生まれ。本名はホアン・カルロス・アントニオ・ガリアーノ。父親はジブラルタル出身でロンドンで配管工を営む。母親はスペイン人。6歳でジブラルタルから父の働いていたロンドンに移住。

ウィルソングラマースクールを卒業後、セントマーチンズのテキスタイル科入学(途中テキスタイル科からモード科に移籍)。84年、セントマーチンズのモード科を首席で卒業。卒業制作のコレクション「アフガニスタンとヨーロッパの理想」がロンドンのサウス・モルトン・ストリートのブティック「ブラウンズ」のショーウィンドウを飾り、好評を呼んだ。

これがきっかけで、ブティック「ブラウンズ」のジョーン・バーンスタイン(Joan Burstein)がガリアーノと5年契約を結ぶ。デビュー当初はジャケットをボトムに使った「さかさまの服」、ジャケットを逆さまにそして裏返しにしに着たデザインなど、アヴァンギャルドさが話題を集めた。
引用元:ジョンガリアーノ : John Galliano – ファッションプレス https://www.fashion-press.net/brands/150

ブランドのはじまり
1950年、ピエール カルダンが自身の名を冠してブランドを設立。

ピエール カルダンについて
ピエール カルダン(Pierre Cardin )は1922年イタリア・ヴェネチア生まれ。17歳のとき仕立屋で働きはじめる。

フランスがドイツから解放されたことがきっかけで45年にパリへ移り当初は建築家を目指したが、パカン(パキャン)、エルザ スキャパレリ、ルロン、バルマンのブティックで働き、(約1年という短い期間でさまざまなブティックを回る)でさまざまな人脈ができたことがきっかけで、ファッションの道へ進む。

66年の生地を切り取る手法の「ヌード・ルック」、幾何学的な手法で宇宙時代の感覚を表現した「コスモコール・ルック」を発表。その他にも金属製の装身具、ユニセックスの宇宙服スーツ、チュニックとタイツの組合せなどは、革命的ともいえるファッションを次々に発表していった。

カルダンは布地の魔術師と呼ばれ、アバンギャルドなスタイルで、幾何学模様や形を好み、女性的な形状を無視することも多かった。ユニセックスなスタイルにもすすみ、実験的で前衛的なものが多く、実用的でないものも多かった。
引用元:ピエールカルダン : Pierre Cardin – ファッションプレス https://www.fashion-press.net/brands/175

ブランドのはじまり
1980年アズディン アライアが自身の名を冠したブランドを設立。

アズディン アライアについて
アズディン アライア(Azzedine Alaia)は1940年ごろチュニジアのチュニスに小麦農家に生まれる。彼自身「一生懸命生きていたので生まれた年を忘れてしまった」とのこと。地元の美術学校の彫刻科に進み、彫刻を学ぶ。その後仕立屋で地元の人々のためにドレス(ディオール等のコピー商品)をつくりはじめる。

1980年に独立。80年代のファッション界に一大ブームを巻き起こす。アライアのシグネチャースタイルとなるボディコンシャス・スーツは雑誌のエディター、アーティスト、モデルに絶大な支持を受ける。ボディコンシャス・スタイルは服に身体を押し込む事によってシルエット(ライン)をを形成する手法とは、まったく逆の発想で、女性のボディーラインを際立たせるためのアイテムと捉えるコンセプトのもと、余計な装飾を排除し、女性の身体の美しいラインを自然に強調するものであり、体に寸分もなくフィットした。スポーツウェアのような着心地で、女性の第二の「肌」と評価された。
引用元:アズディンアライア : Azzedine Alaia – ファッションプレス https://www.fashion-press.net/brands/133

エマニュエル ウンガロ
Emanuel Ungaro

1933 –
フランスのファッションデザイナー。
エクサン・プロバンス生まれ。
20歳でパリに出、バレンシアガに師事した。バレンシアガのマドリード店、クレージュ店を経て、1965年パリにて独立する。その後、モンテーニュ通りに移り、布地デザイナーのソニア・ナップとのコンビで「色彩の魔術師」と呼ばれる独自のイメージを作った。
引用元:エマニュエル ウンガロとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%20%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AD-1618948