【カフェイン】コーヒから分離


カフェインは、その名の通り
コーヒーの中から発見された
◯(答)

カフェイン(英: caffeine, 独: Coffein)は、アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンの誘導体として知られている。興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬である[10]。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。

コーヒーから分離されカフェインと命名された。主に、コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココア、コーラや栄養ドリンクなどの飲料、チョコレートなどにカフェインが含まれる。一方で、妊娠期や過敏体質によりノンカフェインコーヒー、麦茶などカフェインを含有しない飲料の需要もある。医薬品では総合感冒薬や鎮痛薬に用いられる。

副作用として不眠、めまいなどが含まれる。減量あるいは中止による離脱症状として、頭痛、集中欠如、疲労感、気分の落ち込みなど吐き気や筋肉痛が、ピークがおよそ2日後として生じることがある[5]。頭痛は1日平均235mgの摂取で、2日目には52%が経験する[11]。

カフェインは肝臓の代謝酵素CYP1A2で代謝されるため、この阻害作用のある薬と併用すると、血中濃度が高まり作用が強く出る薬物相互作用を示すことがある。一方、ニコチンにCYP1A2の代謝誘導作用があるため、カフェインの作用は減弱する。
引用元:カフェイン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%B3

No.165 クモはコーヒーを飲むとでたらめな巣をつくる。
確認VTR 日本蜘蛛学会会長曰く、「はい、確かにでたらめな巣を作ります。」
実際にクモにコーヒーを注射針で一滴垂らして飲ませると、
(正常なクモは中心をから綺麗に一周しながら巣を作るのに対して)
コーヒーを飲んだクモは、あちこちに不規則に動いて巣がでたらめ!
再び会長曰く、(なぜ、クモはコーヒーを飲むとでたらめな巣をつくるのか)
「コーヒーのカフェインがクモの脳に作用しまして、人間にとってはカフェインは覚醒系に働くわけですけども、クモの場合は中枢神経が麻痺してしまいます。それで人間で言えば、酔っ払った状態になりまして、でたらめな巣を作ります。」
クモもまた違いの分かる男だった!!(クモって全部オス?)
補足トリビア
1.  コーヒーの成分カフェインがクモの中枢神経を麻痺させ、人間で言う酔っ払った状態になるため、でたらめな巣をつくる。カフェインを摂取する量によるが、基本的に酔っ払った状態になるのは数時間。 ※実験に使用したクモも数時間後に元の状態に回復した。
2. アメリカのピーター・ウィットさんというクモ好きの方が「クモはコーヒーを飲むのか?」と疑問に思い、自分で飼っていたクモにコーヒーを飲ませたところ、でたらめな巣をつくったことからこの事実が判明した。
3. クモがでたらめな巣をつくる様子をVTRに収めたのは、日本初のこと、日本蜘蛛学会も「ぜひVTRが欲しい」と言っている。
4. 日本蜘蛛学会は1936年に設立された世界初のクモの研究集団である。
 個人的に  8へぇ~(満点 10へぇ~)
 かなり笑いました。ウィットさんナイストリビアをありがとう!普通こんなことしないよ!
 獲得へぇ~: 89へぇ~  粗品: 梅干
引用元:トリビアの泉2003年07月30日放送分 http://www.geocities.co.jp/Hollywood/3720/trivia/20030730.htm