『空中ブランコ』『犀』『鼻』


奥田英朗の小説『空中ブランコ』
は、空中ブランコ乗りを
描いた作品である
◯(答)


イヨネスコの戯曲『犀』は
人々が次々に動物のサイに
変身する物語である
◯(答)

CIMG7207lCLYrJI6HOGv
ゴーゴリの小説『鼻』は
主人公の鼻が勝手に
歩きまわるという話である
◯(答)
引用元:『恋愛戯曲~私と恋におちてください。~』 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/33116/

020otdpOSEePo

次の作家・奥田英朗の小説を
刊行された順に選びなさい
『最悪』
『邪魔』
『無理』
引用元:奥田英朗の小説刊行順(あいうえお順)『最悪』『邪魔』『無理』 東野圭吾『怪笑小説』『毒笑小説』『歪笑小説』 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/1374/

直木賞受賞の大ベストセラー、ついに文庫化!
跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のヤクザ……悩める患者たちをトンデモ精神科医・伊良部一郎が治します!

担当編集者より
伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが訪れる。だが色白でデブの担当医・伊良部一郎には妙な性癖が……。この男、泣く子も黙るトンデモ精神科医か、はたまた病める者は癒やされる名医か!? 直木賞受賞、絶好調の大人気シリーズ第2弾!
引用元:文春文庫『空中ブランコ』奥田英朗 | 文庫 – 文藝春秋BOOKS https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167711023

『空中ブランコ』(くうちゅうブランコ)は、奥田英朗による連作短編小説集、およびその表題作である。精神科医・伊良部シリーズの2冊目にあたる。第131回直木賞受賞作である。

以下の5編が収録されている。

空中ブランコ(初出:『オール讀物』2003年1月号)
ハリネズミ(初出:『オール讀物』2003年7月号)
義父のヅラ(初出:『オール讀物』2003年10月号、「教授のヅラ」を加筆改題)
ホットコーナー(初出:『オール讀物』2003年4月号)
女流作家(初出:『オール讀物』2004年1月号)

登場人物
伊良部 一郎(いらぶ いちろう)
伊良部総合病院神経科の医師。当病院副理事。注射が好きで、患者にはとりあえず注射を打つ。デブで色白。公平の制止を無視し、「自分は身軽だから」と空中ブランコに挑戦するなど大胆な性格である。
学生時代は老け顔で、同級生の中には講師と勘違いする者もいた。医学部の厄災と言われ厄介者扱いされており、大学卒業後は小児科の医師になったが、患者の子どもと同じレベルで喧嘩をすることにクレームが殺到し、神経科に転科した。大学卒業自体、秋篠宮殿下のご成婚特赦説や医師国家試験合格にフリーメーソン関与説が出るなど、成績には疑惑が残る。

マユミ
神経科の看護師。Fカップで、露出の多い服装を好む。一郎と共に往診に訪れた際は、ヒョウ柄のホットパンツを履いていた。

山下 公平(やました こうへい)
「空中ブランコ」主人公。サーカスの空中ブランコ乗り。フライヤー歴7年で、空中ブランコ担当団員のリーダー。両親共にサーカス団員だった。失敗を重ねるようになり、妻と団員に勧められ精神科を訪れる。ジャンプの失敗はパートナーによる嫌がらせだと思っている。
引用元:空中ブランコ (小説) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B3_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)