雨が降りそうな様子


「雨模様」という言葉の
正しい意味は、雨が
降っている様子のことである
×(答)
◯雨が降りそうな様子
75%

雨のシーズンもようやく終わりましたが、雨の様子を表す言葉で「雨模様(あまもよう)」とは、どんな空模様をいうのでしょうか?

 「いまにも雨が降りそうなあやしい空」なのか、それとも「すでに雨が降っているあいにくの天気」を指すのか、はたまた「雨が降ったりやんだりしている不安定な状態」なのか、本当はどれが正しいかお分かりですか。

 答えは「雨が降りそうな空の様子」。これが本来の意味なのです。広辞苑は、その意味だけしか載せていません。ところが、「雨が降っている」や「降ったりやんだりする」場合でも使う人が増えてきていると言われています。

◇天気予報には使わない◇

 もし天気予報で「明日は雨模様でしょう」と聞いたら、その日は傘を持ってお出掛けになりますか。

 気象庁は、1966年に作成した用語集「予報作業指針」(初版)で、「雨模様」は人によって意味がいろいろに受け取られるため使わない、としています。現在も「雨や曇り」「雨または曇り」と表現しているそうです。
引用元:「雨模様」=雨降りのこと? – ことばマガジン:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/special/kotoba/archive2015/danwa/2010071400002.html

Q 先日の朝の番組で、北日本を中心に雨が降っている時の様子をアナウンサーが「全国的に雨もようになっています」と話していました。「雨もよう」は、「雨が降っている状態」ではなく、「これから雨が降りそうな状態」を指して言うのではないでしょうか。

A ご指摘のとおり、「雨もよう」は「雨になりそうな状態」の時に使うのが本来の用法です。しかし、今では本来の用法に加えて「すでに雨が降っている状態」の時にも使われています。

解説
「雨もよう」や「荒れもよう」の「もよう」は、「今にもそうなりそうな様子」をあらわす和語の「催い(もよい)」が変化したものです。このため、「~となりそうな状態」の時に用いるのが本来の用法ですが、今では雨が降っていたり天候が荒れていたりする状況を説明する場合にも、「~もよう(模様)」という表現がよく使われるようになりました。地域や時間帯によって、モザイク模様のように雨が降っていたり降らなかったり、天候が荒れていたりいなかったりする状態を「時間的」「空間的」にまとめて表現するには便利なことばで、辞書でも新しい用法を認めるものが出始めました。こうした動きを受けて、「雨もよう」「荒れもよう」という表現について、すでに小雨が降っていたり、天候がやや荒れていたりする場合にも放送で使ってよいことにしています。ただし、その場合は、雨や風の様子など具体的な記述を心がけるようにしています。また、意味があいまいで解釈が分かれる表現なので、天気予報では使いません。
引用元:「雨模様になる」は正しい? | ことば(放送用語) – 放送現場の疑問・視聴者の疑問 | NHK放送文化研究所 https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/gimon/060.html