ホセ・カパブランカ


ソ連映画『チェス狂』に出演
別名は「チェスコンピュータ」
キューバのチェスプレーヤー
第3代世界チャンピオン
ウィルヘルム・シュタイニッツ
ガルリ・カスパロフ
ホセ・カパブランカ(答)
アナトリー・カルポフ
69%


現在はロシアの政治家
「史上最強のプレーヤー」
チェスの世界チャンピオン
IBM「ディープブルー」に敗北
ガルリ・カスパロフ(答)

連想
ポジショナルプレーの粗
近代チェスの父
オーストリアのチェスプレーヤー
初代の世界チャンピオン
ウィルヘルム・シュタイニッツ(答)

順番当て
次のチェスの世界チャンピオンを
タイトルを獲得したのが
早い順に選びなさい
ウィルヘルム・シュタイニッツ
エマニュエル・ラスカー
ホセ・カパブランカ
ボリス・スパスキー
ボビー・フィッシャー
ゲーリー・カスパロフ
ウラジミル・クラムニク

連想
1対1のゲーム
近代五輪の承認競技
白と黒の激しい争い
「チャトランガ」が起源
チェス(答)

連想
趣味はチェス
ロサンゼルスの私立探偵
『大いなる眠り』で初登場
レイモンド・チャンドラー作
フィリップ・マーロウ(答)

ホセ・ラウル・カパブランカ(José Raúl Capablanca、1888年11月19日 – 1942年3月8日)はキューバの外交官・チェスプレーヤーで、元チェスの世界チャンピオンである。

生涯
ハバナ出身。4歳のときに父親が友人とチェスをしているのを見てチェスの指し方を覚えた。ルールを覚えてから3日後に父親とチェスをして勝った。13歳の若さでキューバチャンピオンとなった。

恵まれた家庭に育ち、18歳のときに米コロンビア大学に留学。化学を専攻したが、チェスに没頭し過ぎて中退した。

1909年当時アメリカ最強のチェスプレーヤーのフランク・マーシャルに勝ち一躍有名となった。キューバ政府から外交官に任命されたが、任地でもチェスばかりしていた。

1914年当時の世界チャンピオン・エマーヌエール・ラスカーに挑戦状を送ったが、第一次世界大戦が起こったのと、ラスカーに対戦を拒否されたのが原因で世界選手権戦が行われたのは挑戦状を送ってから7年後の1921年のことであった。この世界選手権戦は24番勝負だったが、14局を戦っただけでラスカーが中途放棄し、4勝10分け0敗でカパブランカが世界チャンピオンとなった。

1927年挑戦者のアレクサンドル・アレヒンに敗れチャンピオンの座を失ったが、その後も国際大会で活躍した。53歳の若さでニューヨークで死去。
引用元:ホセ・ラウル・カパブランカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%BB%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%91%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB