キュウリ


大和三尺
馬込半白
ラリーノ
加賀太
キャベツ
ナス
キュウリ(答)
サツマイモ
51%

088kXtLpvK
シシャモやワカサギは
◯◯◯◯◯◯科の魚?
ウンダオリ
イジュキニ
キュウリウオ(答)
引用元:「キュウリウオ」科 シシャモやワカサギ https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/19657/

キュウリ(胡瓜、Cucumis sativus L.)とはウリ科キュウリ属のつる性一年草、およびその果実のことである。かつては熟した実を食用とした事もあったが、甘みが薄いためにあまり好まれず、現在では未熟な実を食用とするようになった。インド北部、ヒマラヤ山麓原産。日本では平安時代から栽培される。胡瓜の「胡」という字は、シルクロードを渡って来たことを意味している。

「キュウリ」の呼称は、漢字で「木瓜」または「黄瓜」(きうり、現代中国語でも「黄瓜」)と書いていたことに由来する。上記の通り現代では未熟な実を食べる事からあまり知られていないが、熟した実は黄色くなる。今と異なり古い時代はこれを食べていた。尚、現代では「木瓜」はパパイアを指す。
引用元:キュウリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%83%AA

大和三尺きゅうり(やまとさんじゃくきゅうり)は、ウリ科の果菜で、奈良県在来のキュウリの品種である。
県内で古くから栽培され、親しまれてきた伝統野菜の一つとして、奈良県により「大和野菜」に認定されている。
引用元:大和三尺きゅうり – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C%E4%B8%89%E5%B0%BA%E3%81%8D%E3%82%85%E3%81%86%E3%82%8A

馬込半白胡瓜(まごめはんじろきゅうり)は、キュウリの品種の一つ。馬込村、現在の東京都大田区で栽培されていた。
引用元:馬込半白胡瓜 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E8%BE%BC%E5%8D%8A%E7%99%BD%E8%83%A1%E7%93%9C

在来種
石川県
加賀太胡瓜
加賀伝統野菜。果形は、丸みを帯びた形で、果色は、濃緑色です。果肉が厚くやわらかで、風味があり、日持ちがよいです。金沢特産の煮物用として栽培されていますが、煮食用あんかけ、酢の物等の日本料理から、中国料理、西洋野菜まで用途が広いです。
引用元:加賀太胡瓜|野菜種(タネ)・苗の専門店 高木農園 https://takaginouen.com/?p=10995#more-10995

ラリーノ
イボ無しミニきゅうり

○特長
果長9~10cm直径2.5cmのミニサイズ
果皮は濃緑で光沢がある
春から初夏にかけては完全に節成りとなり豊産
食味はみずみずしく歯切れが良く甘みあり、
イボが無いので舌ざわりが良い
ウドンコ病、ベト病に強く作りやすい。
引用元:ラリーノ|つる新 種苗店 http://tane.jp/haruyasai/cucumber/hinshu/ibonasiminikyuuri.html