『死国』


1999年に夏川結衣主演で映画化
された、お遍路を題材とした
坂東眞砂子の小説は『◯◯』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
しこく(答)
63%
『死国』

『死国』(しこく)は、坂東眞砂子の小説。これを原作として、1999年に映画が制作された。

童話作家やフリーライターとして活躍していた作者が1993年にカドカワノベルズから出版した初の一般小説、ホラー作品である。のち1996年に角川文庫で文庫化された。作者の生まれ故郷にあたる四国の高知県を舞台とし、四国八十八箇所のお遍路や土俗的な信仰を題材に、男女の三角関係などを交えて描かれている。1999年に同名の映画が公開された。

ストーリー
四国八十八ヶ所の霊場を死者の歳の数だけ逆に巡ると、死者が蘇るという禁断の「逆打ち」という儀式が存在する。娘の死を悲しむ母親が、その「逆打ち」を行ったことにより起きた恐るべき物語。
引用元:死国 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E5%9B%BD