恐妻、太陽族


次のうち、大宅壮一が生んだ
流行語を全て選びなさい
アイビールック
一億総白痴化(答)
恐妻(答)
太陽族(答)
駅弁大学(答)
一億総懺悔
狂乱物価
みゆき族
カラ出張
34%

大宅 壮一(おおや そういち、1900年(明治33年)9月13日 – 1970年(昭和45年)11月22日)とは、日本のジャーナリスト、ノンフィクション作家、評論家。妻は大宅壮一文庫の理事長を務めた大宅昌、三女はジャーナリストの大宅映子。

語録
大宅による造語には以下がある。

一億総白痴化 – 日本のテレビメディア黎明期における発言。
駅弁大学
HOTEL UNIVERSITY – 法政大学市ヶ谷キャンパスの旧53年館(大学院棟)について、夜になると付近を走る中央・総武緩行線の車窓から、屋上のHOSEI UNIVERSITYの文字のネオンが煌々と輝くのを見えたことを揶揄したもの
男の顔は履歴書である
恐妻
口コミ
ジュラルミン高校 – ナンバースクール以後の旧制高等学校を指した言葉[12]
ステッキガール‐銀座で一人歩きをかこつ男性にサービスするモガを指す[13]
太陽族
肥後猛婦
緑の待合 – 接待ゴルフを揶揄した言葉[14]
引用元:大宅壮一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%AE%85%E5%A3%AE%E4%B8%80