夢枕獏の小説『キマイラ・吼』『餓狼伝』『魔獣狩り』

370azpdJfBzyw
次のうち、作家・夢枕獏の
小説のシリーズを1つ選びなさい
キマイラ・吼◯
魔獣狩り◯
魔界行 菊地秀行
餓狼伝◯
月光魔術團 平井和正
総門谷 高橋克彦
妖星伝 半村良
幻魔大戦 平井和正

夢枕 獏(ゆめまくら ばく、1951年1月1日 – )は、神奈川県小田原市生まれの日本の小説家、エッセイスト、写真家。神奈川県立山北高校、東海大学文学部日本文学科卒業。男性。
>安倍晴明を主役とした『陰陽師』シリーズは、近年の晴明ブームのきっかけとなった。
また漫画の原作となった作品も数多く、中でも『餓狼伝』は谷口ジロー、板垣恵介、『陰陽師』は岡野玲子、『荒野に獣慟哭す』は伊藤勢という実力派によって漫画化された。中でも「サイコダイバー・シリーズ」は手を変え、作者を変え、幾度も漫画化されており、アニメ化もされている人気作品である。
引用元: 夢枕獏 – Wikipedia.

『キマイラ・吼』(キマイラ・こう)は、夢枕獏が著した小説作品のシリーズ。
>肉体に謎を秘めた少年・大鳳吼のたどる数奇な運命を描いた壮大な伝奇小説。主人公の大鳳吼以外にも『闇狩り師』シリーズ主人公の弟である九十九三蔵、学園の支配者久鬼麗一、暴力団の雇われ用心棒龍王院弘などの多様な登場人物が主人公格として活躍する群像劇となっている。
『闇狩り師』シリーズとは世界観と一部の登場人物を共有している。
引用元: キマイラ・吼 – Wikipedia.

『サイコダイバー・シリーズ』は、『魔獣狩り(淫楽編)』から始まる夢枕獏のSF小説およびそこから派生した作品の総称。作品タイトルのほとんどが『魔獣狩り』の名前を冠するので、別名『魔獣狩りシリーズ』とも呼ばれる。
小説は作者自ら、「この物語は面白い」と熱く語る代表作にして自信作である。作者の得意分野である伝奇小説・格闘ものの要素が取り込まれている。
>この作品の中核となるアイディアはサイコダイブである。これは、人の精神に潜り込み(ダイブし)、対象の持つ記憶情報を入手すること、対象の隠されたトラウマを発見すること、そこから派生して精神操作まで行うことが可能という技術である。「テレパシーのような超能力ではなく、素質と専門知識をもった人間が専用の機器を用いて行う科学技術である」という前提と、それなしでサイコダイブを行う天才(あるいは異才)を主人公と規定しているところが作品の特徴となっている。
引用元: サイコダイバー・シリーズ – Wikipedia.

『餓狼伝』(がろうでん)は、夢枕獏による日本の格闘小説。漫画化、映画化、テレビゲーム化もされている。2006年以降はタイトルを『新・餓狼伝』(しん・がろうでん)と改め、双葉社『小説推理』にて『東天の獅子』と交互に隔月で連載されている。なお『餓狼伝』と『新・餓狼伝』との間にはストーリーの中断はなく、直接の続編となっている。
>空手をはじめとする様々な格闘技を学ぶ流浪の格闘家、丹波文七を主人公とする本格格闘小説である。ある若手プロレスラーに敗北した丹波は、屈辱を晴らすために6年間(板垣恵介の漫画版では3年間)、自らを鍛え直しリベンジを誓う。そして丹波は激動し始めた格闘界の潮流に巻き込まれ、様々な強敵と戦っていくことになる。彼ら以外にも、フルコンタクト空手北辰館の館長・松尾象山や東洋プロレス社長・グレート巽ら最強を追い求める格闘家たちが登場する。
引用元: 餓狼伝 – Wikipedia.