華道「専慶流」「池坊」「草月流」 香道「志野流」「御家流」 弓道「小笠原流」「日置流」

358OsbrjanDyQ
次のうち、華道の流派を
1つ選びなさい
専慶流(答)華道
御家流 香道
小笠原流 弓道
有楽流 茶道
池坊(答)華道
志野流 香道
草月流(答)華道
日置流 弓道

CIMG4567zdJKsmwQNepF
次のうち
香道の流派を
全て選びなさい
○志野流
○御家流   おいえりゅう
×小原流   華道

×日置流   弓道 へきりゅう
×草月流   華道
×小笠原流  弓馬術礼法

華道(かどう)とは植物のみや、植物を主にその他様々な材料を組み合わせて構成し、鑑賞する芸術である。「花道」とも表記し、またいけばな(生け花、活花、挿花)とも呼ばれる。 ただし華道という呼称は「いけばな」よりも求道的意味合いが強調されている。華道にはさまざまな流派があり、様式・技法は各流派によって異なる。
>華道の確立は室町時代中期、京都六角堂の僧侶によるものとされる。僧侶は代々池のほとりに居住していたことから「池坊(いけのぼう)」と呼ばれていた。そうした呼び名がのちに流派の名前となる。家元、宗家らによって江戸時代中期にかけて立花(たちばな、りっか; 「立華」とも書く)と呼ばれる型が大成されていった。 その後江戸中期から後期になると、華道はそれまでの上流階級・武家階級のものから広く庶民のたしなみへと変化し、生花(しょうか、せいか)を中心に広く愛さるようになった。
引用元: 華道 – Wikipedia.

池坊(いけのぼう)は、日本の華道家元。いけばなの根源。”流”は付かない。最古かつ最大の会員数を誇る。紫雲山頂法寺(京都市中京区にある天台系の寺。通称六角堂)のいくつかあった寺内塔頭の中の本坊にあたり、頂法寺の本堂である六角堂の執行として代々経営・管理に当たってきた。池坊の坊名は、聖徳太子が沐浴したという池にちなんで名付けられたものである。
引用元: 池坊 – Wikipedia.

専慶流(せんけいりゅう)は江戸時代の寛文9年(1669年)、立華の名手として謳われた冨春軒仙渓によって創流されたいけばなの流派。
引用元: 専慶流 – Wikipedia.

草月流
そうげつりゅう
生け花の流派。大正末期の主観的不完全性の美を求める機運に,生け花でもその一翼をになって勅使河原蒼風 (1900~79) が創始した。父の日本生花学会会長勅使河原久次から離れて 1927年5月に創流。
引用元: 草月流とは – コトバンク.

しのりゅう【志野流】
香道・茶道の流派の一。室町時代の志野宗信を始祖とし,現在蜂谷家が継承している。
引用元: 志野流とは – コトバンク.

御家流(おいえりゅう)とは、身分の高い家において伝承される流儀、あるいは藩における公式の流儀のこと。したがって、本来は家や藩によって異なる流儀を指すことになるが、芸道では単に御家流と言った場合に特定の流儀を指すことがある。
香道においては、三条西実隆によって創始された流儀を指す。
書道においては、おもに武家の公式文書に使われた尊円流の流れを指す。
茶道においては、現代では特に譜代大名の安藤家の流儀を指して御家流と呼ぶ。
剣術においては、徳川家御家流の柳生新陰流を指す。
引用元: 御家流 – Wikipedia.