チャイブ


花も観賞用になる
ネギに似た使い方をするハーブ
欧米ではポテトサラダに合わせる
和名は「セイヨウアサツキ」
チャイブ(答)
オレガノ
タラゴン
セージ
53%


フトモモ科の植物
原産地はインドネシア
チャイやカレーに使う香辛料
和名は「丁子」
カルダモン
クローブ(答)
フェンネル
クミン
46%


次のうち、「4大スパイス」の
1つに数えられる香辛料を
全て選びなさい
シナモン(答)
ターメリック
トウガラシ
こしょう(答)
ナツメグ(答)
クローブ(答)
引用元:「クローブ」四大スパイスのひとつ「丁字」インドネシア原産 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/32860/


熱帯性常緑樹の種子から作る
「四大スパイス」の一つ
フランス語では「ミュスカド」
和名は「ニクズク」
ナツメグ(答)

連想
セリ科のハーブ
芳香の成分はアネトール
カレーやピクルスの風味付け
和名は茴香(ウイキョウ)
フェンネル(答)

連想
セリ科のハーブ
中南米ではシラントロ
中国では香菜
タイでバクチー
コリアンダー(答)

連想
熱帯アジア原産のスパイス
色素成分はクルクミン
ショウガに似た根茎
タクアンやカレーの着色料
ターメリック(答)

チャイブ
ちゃいぶ
chive
日本ではエゾネギ、セイヨウアサツキとよばれる野菜で、タマネギよりずっと小形で香りも弱い。なまのまま細かく刻んで各種スープやシチュー、マッシュポテトやグレービーソースのガーニッシュとして用いられる。ドイツ、デンマーク、イギリスが主産地で、細かく刻んで凍結乾燥したものも最近では市販されている。[齋藤 浩]


引用元:チャイブとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%96-175002

チャイブ(Allium schoenoprasum、英: Chives、仏: Ciboulette 、伊: Cipollina)はネギ属の葉菜または根菜。セイヨウアサツキ、エゾネギともよばれる。鱗茎が分球し群生するので、特に英語ではchivesと複数形で書かれる。生物学的には”Allium tuberosum”(日本韮:ニラ)とは厳密には区別されるべきだが、植物学者から見てどうみてもニラ”Allium tuberosum”が外国のスーパーではChivesとして売られていて、純系の”Allium schoenoprasum”がうられていることはほとんど見かけない。海外では、両者の違いが分かる人は、純系の”Allium schoenoprasum”はChives、”Allium tuberosum”はchinese Chivesと呼ぶひとも多い。

ラッキョウに似た地下茎を持つ。葉は細い円筒形で先がすぼまっている。

なお、アサツキ(A. schoenoprasum var. foliosum)はチャイブの変種である。

調理法
西洋料理では主に刻んで料理にふりかけて調味料として使われる。豊富に含まれるカロテンは、油で炒めてから使うと体内での吸収がよい。

ベークドポテト、ポテトサラダ、スープの浮身、オムレツの具などによくあう。バターと混ぜてチャイブバターとしてもよい。
引用元:チャイブ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%96