『私が彼を殺した』


次の東野圭吾の小説のうち
警察官・加賀恭一郎が
探偵役を務めるものを
全て選びなさい
『私が彼を殺した』(答)
『浪速少年探偵団』
『名探偵の掟』
『赤い指』(答)
『どちらかが彼女を殺した』(答)
『悪意』(答)
『眠りの森』(答)
『十字屋敷のピエロ』
『麒麟の翼』(答)
『新参者』(答)
『聖女の救済』
『容疑者Xの献身』
『流星の絆』
『真夏の方程式』
41%

ポータル 文学 ポータル 文学
『加賀恭一郎シリーズ』(かがきょういちろうシリーズ)または『加賀シリーズ』(かがシリーズ)は、東野圭吾による日本の推理小説のシリーズで、『卒業』を始めとする、刑事の加賀恭一郎を主人公としたミステリーシリーズ。

3 シリーズ作品
3.1 卒業
3.2 眠りの森
3.3 どちらかが彼女を殺した
3.4 悪意
3.5 私が彼を殺した
3.6 嘘をもうひとつだけ
3.7 赤い指
3.8 新参者
3.9 麒麟の翼
3.10 祈りの幕が下りる時

概要
加賀恭一郎は1986年の東野のデビュー第2作『卒業』で初登場、その時は国立T大学に通う大学生で、在学中に巻き込まれた連続殺人事件の探偵役だったが、1989年の『眠りの森』で「作者のちょっとしたイタズラ心」から、警視庁捜査一課の刑事として再登場する。また『学生街の殺人』で、加賀恭一郎がゲスト出演している。

東野にとって加賀は「自分がしっかりキャラクターを持っている人物」「自分がやったことのない実験作に挑む際に登場させることが多い、頼りになるキャラクター」であり[1]、1990年代中盤から後半にかけては『悪意』や『どちらかが彼女を殺した』『私が彼を殺した』『嘘をもうひとつだけ』といった本格ミステリ的趣向の話題作にも登場した。『悪意』以降、加賀は脇役といえる位置づけに回ることもあり、『どちらかが彼女を殺した』では本庁から所轄の刑事になっている。そして、2006年刊行の『赤い指』では、自らの家族と向き合いながら、どこにでもある家族の闇に迫る姿、2009年刊行の『新参者』では日本橋人形町を歩き回る姿が描かれた。『麒麟の翼』では親子の愛情について深く掘り下げられた。

主人公
加賀恭一郎(かが きょういちろう)
初登場時は大学生で、卒業後に教師になったものの、ある生徒間の出来事から「教師としては失格」と判断して教師を辞め、父親と同じ警察官となり、捜査一課から練馬署の捜査一係に巡査部長として勤務する。その後は日本橋署[注 1]で警部補として勤務している。
長身で肩幅が広くがっしりとした体型。彫りの深い顔立ちであるため、逆光で目元が黒く見え、顎は尖っている。喫煙をしないので歯が白く、笑うと爽やかな印象を周囲に与える。『新参者』では少し髪を伸ばしている。
趣味は茶道とクラシックバレエ鑑賞である。『私が彼を殺した』で、神林貴弘は「クライトンのファンだったのか。」と了解している。国立T大在学中は剣道部の部長を務め(6段)全日本選手権で優勝。心優しくリーダーシップと協調性があったが、警察官になってからは単独行動が目立つ。能弁ではないが寡黙でもない。情は深いが冷静沈着。犯罪者に対しても優しさや思いやりを失わないで、隙のない鋭い人間観察眼ですばやく事件を見通せる。社会学部出身の文系だが、工学・化学・情報科学にも詳しい。『新参者』では何度も事件に関係ない質問をするので、町の一部の人からは変人扱いでTシャツにシャツといったカジュアルな服装で周りの警察官達からはいけすかない奴と思われている。
引用元:加賀恭一郎シリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%B3%80%E6%81%AD%E4%B8%80%E9%83%8E%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA