小文字濁点に注意「アロンアルフア」「プリングルズ」「ウオッカ」「キユーピー」「キヤノン」「ネーデルラント」「シヤチハタ」「富士フイルム」「オンキヨー」「ブルドックソース」

081zbBBRxDgPX
日本で瞬間接着剤の代名詞
となっている商品です
アロンアルフア

113WbQZEIgOwG
「ゼリー状」「ハイスピード」
などの種類がある
東亞合成が製造している
瞬間接着剤は?
アロンアルフア

297WOdatKZXir
2013年より、日本での販売元が
明治から森永製菓に代わりました
プリングルズ

タイピング
64年ぶりに牝馬で日本ダービーを制した馬の名前は?
ウオッカ

タイピング
マヨネーズ、ドレッシングなどの商品や「3分クッキング」の一社提供で知られる食品メーカーは○○○○○?
キユーピー

タイピング
「IXYデジタル」「PIXUS」などの
ヒット商品で知られる、日本を
代表する精密機器メーカーは
◯◯◯◯? ◯を答えなさい
キヤノン


ヨーロッパの国
オランダの正式名称です
ネーデルラント

アロンアルフア(Aron Alpha)は東亞合成が製造・販売(家庭用はコニシが販売総代理店、高度医療管理機器として第一三共が販売を担当)しているシアノアクリレート系瞬間接着剤で、同社の登録商標(日本第748367号)である。
1963年に誕生し、1971年一般家庭用に発売開始。トップブランドであると同時に日本では瞬間接着剤の代名詞となっている。現在は「ボンド アロンアルフアシリーズ」として発売している。
海外輸出も行っており、アジア、北米(ブランド名はKrazy Glue)を中心に世界30カ国以上で発売している。
>アロンとは、前身の矢作工業設立当初、主要製品の商標に弓矢をイメージしたマークを採用していたため、その弓矢を意味する「アロー」と、代表的な合成樹脂のナイロンやテフロンなどの「ロン」と、主成分「アルファシアノアクリレート」の「アルファ」から製品名とした[1]。子会社「アロン化成」も東亞合成からアロンの商標権を使用できるように許諾を得た。
>商品名の最後の「ア」は小文字ではない(“アロンアルファ”ではなく“アロンアルフア”)。
引用元: アロンアルフア – Wikipedia.

ウオッカ(Vodka、2004年4月4日 – )は日本の競走馬・繁殖牝馬である。牝馬として64年ぶりに東京優駿に勝利するなど牡馬を相手に活躍した。同世代のダイワスカーレットとは激しい争いを何度も繰り広げ、ともに牝馬ながら牡馬と互角以上に渡り合った。2008年・2009年のJRA賞年度代表馬。2011年選考の顕彰馬。
>父・タニノギムレットの馬名の由来であるギムレットはジンがベースのカクテルであるが、父よりも強くあってほしいとジンよりもアルコール度数が高い(強い)酒であるウォッカから「ウオッカ」と名付け、同様にストレート(に命名すること)の方がアルコール度数が高い(強い)という意味で「タニノ」の冠名を付けなかった[7]。
引用元: ウオッカ – Wikipedia.

キユーピー株式会社(英語表記: Kewpie Corporation)は、1919年(大正8年)に設立されたマヨネーズなどの調味料を主力としている食品メーカーで、株式会社中島董商店、アヲハタ株式会社と共に「キユーピー・アヲハタグループ」を形成している。
>社名・商標は小字を用いず「キューピー」ではなく、「キユーピー」である。
この理由について、キユーピー側では、デザイン上の理由であるとしている。ただし、読み方は「キューピー」である。同様の例としてキヤノン、シヤチハタ、オンキヨー、ジヤトコなどがある。 国語国字改革前の創業の会社には歴史的仮名遣で拗音を小書きにしない会社もいくつかある。
なお、ドレッシングの点字ボトルでは読みを優先させるという観点から「きゅーぴー」で表記している。
引用元: キユーピー – Wikipedia.

キヤノン株式会社(Canon Inc. 、読みはキャノン)は、カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンタ、複写機をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体露光装置(ステッパー)などを製造する[1][2][3]。
芙蓉グループ。東証一部およびニューヨーク証券取引所(ティッカー:CAJ)上場企業である。
>キヤノンの前身は、1933年に創立された精機光学研究所[8]。観音菩薩の慈悲にあやかりたいという気持ちから、1934年に完成した国産初の精密小型カメラの試作機を「KWANON」(カンノン)[9]、そのレンズを「KASYAPA」(カシャパ)と命名した[10]。KASYAPAは、釈迦の弟子のひとりである大迦葉(マーハ・カサーパ)に由来している[11]。なお「性能が良すぎて、光だけでなく音まで観える」という意味も兼ねている。[要出典]
>日本語における正式な表記は、「キヤノン」であり、小字を用いた「キャノン」ではない。拗音の「ヤユヨ」を小さく書かないのはかつて(第二次世界大戦前から終戦直後にかけて)は当たり前の表記法だったが、現在では一般的でない。なぜ現在でもこの表記を続けるのかというと、「キャノン」では、「ャ」の上に空白ができてしまい、穴が空いたように感じてしまうので、それを避けたためとしている[13]。
引用元: キヤノン – Wikipedia.

ネーデルラント(オランダ語: Nederlanden 、英語: Netherlands )とは、「低地の国々」を意味し、現在のベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3ヶ国(ベネルクス)にあたる低地地域(オランダ語:ラーヘ・ランデン de Lage Landen 、英語:the Low Countries)内に存在した諸邦群を表す歴史学用語。日本語で原語に基づいて表現すると、「オランダ」は「ネーデルラント」と呼ぶのが正しい。
引用元: ネーデルラント – Wikipedia.

オランダ語では、dの発音は、母音とrとwの前にあるときは[d]、それ以外は[t]と発音します。ですから、Nederlandの一つめのdは[d]と発音し、二つめのdは[t]と発音します。Nederlandは「ネーデルラント」が正しいと言えます。
>オランダ語では「ネーデルラント」です。
英語では「ニーザーランド」,ドイツ語では「ニーダーランド」と呼びます。
なので「ネーデルランド」はこれらと混同したのではないでしょうか??
引用元: ネーデルランドかネーデルラントどっちが正しいですか!? – Yahoo!知恵袋.