V8


アメリカのキャンベル・
スープ社の野菜ジュースの
ブランドといえば?
V2
V4
V8(答)
V6
48%

キャンベルV8野菜ジュースはアメリカで1948年に発売されました。8種類の野菜をミックスしているという意味でV(Vegetable)8とネーミングされています。日本において、キャンベル野菜ジュースは1959年に発売されましたが、その際には先にアメリカで発売されていたキャンベルV8野菜ジュースを意識したとも言われています。1962年ころから日本市場に野菜ジュースの輸入品が増えてきましたが、主流はキャンベルV8野菜ジュースでした。その後各社から野菜ジュースが発売される中、未だにV8野菜ジュースは根強い人気を保っています。

1948年の発売以来、アメリカで野菜ジュースと言えば”キャンベルV8野菜ジュース”です。かつてはレーガン元大統領も広告に出演していました。90年代には”Drink Your Vegetable”のコピーのもとに1日あたりに必要な野菜を十分に提供できるジュースとしてPRしていました。
引用元:V8野菜ジュース | キャンベル http://www.campbellsoup.co.jp/v8/index.html

キャンベル・スープ・カンパニー NYSE:CPB(英語名:Campbell Soup Company)は、有名なスープ缶と関連する他の製品を製造・販売するアメリカ合衆国の食品製造社である。いまやキャンベルズ(Campbell’s)の略称でも親しまれ、製品は世界120カ国で販売されている。アメリカ合衆国ニュージャージー州カムデンに本社を置く。日本ではキャンベルジャパン株式会社として、本社を東京都港区虎ノ門にかまえる。代表取締役は沼野聡二(2006年現在)[1]。

概観
キャンベルズの最もよく知られた製品といえば、その濃縮スープであろう。近年では非濃縮の特製スープ、乾燥スープミックス、グレイビー(肉汁ソース)を始めとするその取扱濃縮食品に加えて、より広範囲の食品全般を包括するまでに成長している。ここ何年かの間に、キャンベルズはフランコ・アメリカン、ペペリッジ・ファーム、ヴラシック、スワンソン、ミセス・ポールズ、プレゴ、ゴディバ、マリーズといった、他のアメリカの業種買付を行ってきた。ミセス・ポールズとヴラシックはピナクルフーズに売却されている。

企業情報によれば、1994年時点での売り上げ上位3製品はチキン・ヌードル、クリーム・オブ・マッシュルーム、トマトであり、消費者は一年毎におよそ25億個ものスープ缶を購入しているという。

また至る所で目にするその赤と白の缶のデザインは、1960年代のアメリカを代表するポップアートの芸術家・アンディー・ウォーホルの作品「キャンベルのスープ缶」の素材となったことで有名。この缶を題材とし、1962年から1968年にかけて描かれた因習打破的な一連の絵画は、その多くがペンシルベニア州にあるアンディー・ウォーホル美術館(ピッツバーグカーネギー美術館)に展示されている。

V8シリーズ

V8野菜ジュース
V8スプラッシュ・ジュース
V8・V・フュージョン
引用元:キャンベル・スープ・カンパニー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%BC