太陽風交点


後に文庫版の出版を巡って
早川書房による訴訟事件が起きて
いる、1980年に第1回日本SF
大賞を受賞した堀晃の小説は?
太星興亡史
惑陽移住点
銀団風戦争
太陽風交点(答)
25%

CIMG5985nEahVjqYAvDr
日本のSF作家
『戦争を演じた神々たち』
『一人で歩いて行った猫』
『ハイブリッド・チャイルド』
かんべむさし
山田正紀
光瀬龍
大原まり子(答)
引用元:筒井康隆『文学部唯野教授』早治大学 父「筒井嘉隆」 大原まり子『戦争を演じた神々たち』 大林宣彦尾道三部作『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』 新尾道三部作『ふたり』『あした』『あの、夏の日』 七瀬三部作『家族八景』『七瀬ふたたび』『エディプスの恋人』 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/20971/

連想
日本のSF作家
『バビロニア・ウェーブ』
『イカルスの翼』
『太陽風交点』
堀晃(答)

連想
日本のSF作家
『宝石泥棒』
『最後の敵』
『機神兵団』
山田正紀(答)

連想
日本のSF作家
海外のSFを翻訳
日本テレワークの元社長
ガチャピンのモデル
野田昌宏(答)

堀 晃(ほり あきら、1944年6月21日 – )は、日本の小説家、SF作家、同人作家。兵庫県たつの市(旧龍野市)生まれ。創作落語も手掛けるが、作品数は少ない。宇宙作家クラブ会員。日本SF作家クラブの会員だったが、2014年現在は退会している。兄の堀龍之は松下通信工業常務取締役となったが、ともにSFファンであり、SF作品の共作多数。

概要
高校時代からSFファンとして活動。大学卒業後は、繊維メーカー敷島紡績(のちにシキボウ)勤務と並行して同人作家活動を行い、SFを書き続けてきた。いわゆる兼業作家であった。筒井康隆主宰の同人誌「NULL」発表の作品が「宇宙塵」に転載され、再転載によりプロデビューしている。

日本では数少ないハードSFの書き手。情報理論やエントロピーの収支を正面からSFの題材として料理した、質の高いアイデア・ストーリー短編を得意とする。ただし、単なる科学好きではなく、純文学や、社会科学なども広く興味の対象にあり、それらの幅広い教養を背景にしての「ハードSF」を書いているのも特徴である。

落語などの「笑い」が大好きという一面もある。そのためか、作風はまったく異なるが同じ関西在住で、しかも同年代でかつ同時期にデビューしたかんべむさしとは馬が会い、長年にわたり親しく交際し、また共著も出している。

やはり同じ関西在住で、堀作品を高く評価する小松左京(『太陽風交点』の日本SF大賞受賞の際に強く推薦し、文庫本の解説を書いた)とも懇意であり、小松経由で桂米朝門下の落語家とも交流がある。亡くなった桂歌之助については、編集委員の一人として遺稿集の自費出版に参加した。

1981年 – 短編集『太陽風交点』で第1回日本SF大賞を受賞。この受賞にあたっては、小松左京の強い推薦があった。だが、この作品の文庫化に際して、早川書房との間で『太陽風交点』事件と呼ばれる訴訟が起きた。裁判は泥沼となり、堀は勝訴したが、作家としての本格的な活動開始時期に、大きな痛手となった。堀はいまだに、早川書房と、当時の『SFマガジン』編集長今岡清、そして、その訴訟に関わった弁護士五十嵐敬喜を許しておらず、「早川書房から発行された本は、以降、一切買わない(読む場合でも自分では買わない)」という道を貫いている。
引用元:堀晃 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E6%99%83

太陽風交点事件(たいようふうこうてんじけん)は、1980年代の日本で書籍の出版を巡って争われた出版等差止請求事件の通称。『太陽風交点』事件、太陽風交点裁判とも呼ばれる。事件番号は、東京地裁昭56(ワ)4210号、および東京高裁昭61(ネ)814号。

概要
第1回日本SF大賞を受賞した堀晃のハードSF短編集『太陽風交点』のハードカバー版を出版していた早川書房が同書のハヤカワ文庫版を出版しようとしていたところ、堀が日本SF大賞を後援する徳間書店と文庫版の出版を契約し、これに対して早川書房が徳間文庫版の出版差し止めを求めて徳間書店と著者の堀を訴え、裁判で争われた。

争点はハードカバー版でなされた堀と早川書房との口頭での出版契約が、出版権を堀に残す形の許諾契約か、早川書房が出版権を得る出版権設定契約かという点と出版契約についての出版業界の慣行であった[1]。

早川書房の敗訴により、3万部が製本されていたハヤカワ文庫版はお蔵入りし、割り振られた分類番号JA0131はそのまま欠番となっている[2]。

この裁判は、その後の日本SF界に禍根を残す結果になった。
引用元:太陽風交点事件 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E9%A2%A8%E4%BA%A4%E7%82%B9%E4%BA%8B%E4%BB%B6