『きらきらひかる』


江國香織の小説
1992年に紫式部文学賞
情緒不安定な妻と同性愛者の夫
1992年薬師丸ひろ子主演で映画化
『落下する夕方』
『きらきらひかる』(答)
『冷静と情熱のあいだ』
『号泣する準備はできていた』
38%

◯✕
2012年に川端康成文学賞を受賞した江國香織の小説は、『猫とハモニカ』である。
✕(答)
◯『犬とハモニカ』

108FjmSBGWelW
次の江國香織の小説を
発表順に選びなさい
『409ラドクリフ』1989
『冷静と情熱のあいだ』1999
『東京タワー』2001
『号泣する準備はできていた』2003
『がらくた』2007
『真昼なのに昏い部屋』 2010
引用元:江國(えくに)香織の小説発表順『409ラドクリフ』『冷静と情熱のあいだ』『東京タワー』『号泣する準備はできていた』『がらくた』(「島清(しませ)恋愛文学賞」)『真昼なのに昏い部屋』 https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/3192/

『きらきらひかる』は、江國香織が1991年に発表した小説。また、それを原作とした1992年公開の日本映画。

アルコール依存症気味の妻と同性愛者の夫、そして夫の恋人とをめぐる3人の奇妙な三角関係を描く。題名は、詩人入沢康夫の「キラキラヒカル」という詩による(第1詩集『倖せ それとも不倖せ』に収録)。

ストーリー
親のすすめで、医師の男性・睦月と見合いをすることになった笑子。しかし、その席で2人は互いの秘密を告白してしまう。笑子はアルコール依存症であること、睦月は同性愛者であることを。初めは戸惑う2人だが、結婚を決めたのだった。2人なりに穏やかな生活を営むが、早く子供をと望む周囲の声に笑子は追いつめられていく。一方で笑子と、睦月の恋人・紺との間には「睦月を愛する者同士」としての奇妙な友情が育まれていく。3人の幸せと、現実との折り合いとの間で苦悩した結果、笑子は睦月の同僚の産婦人科医にある突飛な相談を持ちかける。
引用元:きらきらひかる (小説) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8D%E3%82%89%E3%81%8D%E3%82%89%E3%81%B2%E3%81%8B%E3%82%8B_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)