THERMOS


屋外で使うステンレス魔法瓶の
定番であるブランド
THERMOS(答)
25%


2012年にタイガー魔法瓶が
発売した、ご飯とおかずが
同時に作れれる炊飯器は?
tcooak
tacook(答)
タクック

128gLWyNVuTDc
2014年8月に調理家電のブランド
「GRAND X」を立ち上げたのは
象印マホービンである
×(答)
◯タイガー魔法瓶
引用元:タイガー魔法瓶「GRAND X(グランエックス)」こだわりの道具で、感動の美味しさを https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/7955/

サーモス株式会社は、ステンレス製魔法瓶等の家庭用品の製造・販売を行う企業。また、サーモス(THERMOS)は同社が製造・販売する魔法瓶のブランド名である。2015年現在、世界最大の販売量、生産量(6,000万本)である[1][2]。

概要
サーモスというブランド名は、1904年にドイツのベルリンで設立されたテルモス有限会社(THERMOS GmbH)に由来する。同社は世界で初めて真空断熱魔法瓶を製品化したことで知られる。テルモスという名前は公募で決められたもので、ギリシャ語で「熱」を意味する”Therme”に由来する。1907年には、イギリス、アメリカ、カナダでも、テルモス有限会社から商標を譲り受け、同製品を販売する会社が設立された[3]。英語圏でも急速に普及し、この製品は魔法瓶の代名詞としてサーモスと呼ばれた。

サーモス株式会社は、ステンレス製魔法瓶「サーモス」、「ケータイマグ」、「スポーツボトル」、コーヒーマシンのほか、保温調理鍋「シャトルシェフ」や弁当箱等を製造・販売している。

歴史
日本酸素は、1978年に世界初のステンレス製真空断熱魔法瓶を開発・発売。1980年9月には日酸サーモを設立し、魔法瓶事業を行っていたが、1989年にイギリス、アメリカ、カナダのサーモス・グループを傘下におさめ[4]、続いて本家に当たるドイツ社も取得した[5]。

その後、2001年10月に旧日本酸素の家庭用品事業部門であるサーモス事業本部を会社分割し、日酸サーモと統合して、サーモス株式会社が設立された。現在は大陽日酸の完全子会社である。 商品開発、技術開発、品質管理などの機能を金属加工で有名な新潟県燕市の新潟事業所に置く。
引用元:サーモス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%82%B9