【都筑道夫】キリオン・スレイ【泡坂妻夫】ヨギガンジー


次のミステリ小説の登場人物を
それを生んだ作家ごとに
グループ分けしなさい
27%

都筑道夫逢坂妻夫
キリオン・スレイ
ヨギ ガンジー
物部太郎
亜愛一郎

都筑 道夫(つづき みちお、1929年7月6日 – 2003年11月27日)は、日本の推理作家、SF作家。東京市出身。本名松岡 巖(まつおか いわお)。別名に小林 菖夫、淡路 瑛一、柴田 梅玉、伊藤 照夫など。実兄(松岡勤治)は、夭折した落語家の鶯春亭梅橋。関口台町小学校の同学年に越智通雄がいる。

その後は独創的な「名探偵」の創出にも意欲を燃やし、それが個性的なシリーズものとなって結実している。例えば、なめくじ長屋捕り物さわぎの砂絵描きの「センセー」、幽霊専門の探偵・物部太郎、日本にやってきて居候をしているものぐさ詩人「キリオン・スレイ」、安楽椅子探偵の「退職刑事」[2]などである。官憲嫌いで、現職刑事など体制側の所属者を探偵役に据えることは滅多にない。なめくじ長屋シリーズでも、レギュラー協力者役の目明し・下駄常はあまり好意的な描きかたをされておらず、同心連中はさらに辛らつな扱いである。
引用元:都筑道夫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%BD%E7%AD%91%E9%81%93%E5%A4%AB

泡坂 妻夫(あわさか つまお、1933年5月9日 – 2009年2月3日)は日本の推理作家、小説家。東京都千代田区(当時東京市神田区)出身。東京都立九段高等学校卒。筆名の”泡”の旁は正しくは”己”ではなく”巳”。本名は厚川 昌男(あつかわ まさお)。筆名は本名のアナグラムである。

作中で活躍する探偵役としては、亜愛一郎、曾我佳城、ヨギガンジー等。作品世界はすべて繋がっているらしく、ある作品の登場人物が別シリーズの作品にチラリと登場したり、時代小説にも先祖らしき人物が現れたりする。シリーズを終了させる際にパーティ場面を設定して、これまでの全主要人物が一堂に会する恒例のパターンなど、こまかな遊びがファンを喜ばせている。
引用元:泡坂妻夫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A1%E5%9D%82%E5%A6%BB%E5%A4%AB