India Pale Ale


ホップを多く使用した
「IPA」と略されるビールは
◯◯◯◯◯・ペールエール?
◯を答えなさい
インディア(答)
21%

インディア・ペールエール (英語: India Pale Ale; IPAとも) は、中程度かそれよりもやや高いアルコール度数をもつエール[1]。液色は銅のような明るい琥珀色[1]。ホップの風味が強くて苦味がある[1]。しばしば、麦芽のフレーバーを伴う[1]。IPAは通常ペールエールのカテゴリーに入れられる。21世紀初頭では、アメリカのクラフトビールの醸造所では最も多く醸造されているスタイルである。

初期
IPAは、17世紀にあった初期のペールエールが起源である。元来、「ペールエール」という言葉は淡色麦芽(英語版)から醸造されたエールを意味していた[2]。18世紀初頭のペールエールはホップの風味が軽いビールであり、後の「ペールエール」とは非常に異なっていた[3]。18世紀半ばまで、ペールエールは、コークスで煎られたモルトで製造されていた。麦芽製造過程で大麦があまり燻製されたり焙煎されたりしないために淡色のビールができたのである。[4]ホップの苦み豊かな淡色のオクトーバービールはそのようなビールの一種で、国内で自ら醸造を行う地主階級のあいだで人気だった。これは醸造されたら2年間セラーで貯蔵するように作られていた。[5]

最も早い時期からインドにビールを輸出していたことが知られている醸造者の一人は、ミドルセックスとエセックスの境界地域にあるボウ醸造所のジョージ・ホジソンだった。ボウ醸造所のビールは、18世紀の終盤、醸造所の立地と18ヶ月という寛大な支払い猶予期間のおかげで人気を得た。東インド商人たちは、いくつものホジソンのビールをインドに輸送した。オクトーバービールもその一つだった。オクトーバービールは、航行の条件がプラスに作用する例外的なビールで、インドの消費者のあいだでも好評だった。[6]19世紀初め、ボウ醸造所はホジソンの息子達が経営者となったが、彼らの仕事のやり方は客離れを引き起こした。同じ頃、バートンのいくつもの醸造所がビールに対する新しい関税のためにロシア市場を失い、新たなビール輸出市場を探しているところだった。東インド会社の強い要請のもと、オールソップ醸造所は、ホジソンのインド輸出用ビールのスタイルのホップの苦み豊かなペールエールを開発した。[7]バスやソルトなど、バートンの他の醸造者も失われたロシア市場の代わりを強く求めており、素早くオールソップに追随した。おそらく醸造でバートンの水を使っていることが利点となって、[8]バートンIPAは商人たちとインドの顧客に好まれた。
引用元:インディア・ペールエール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB

今回は、ビールの苦味を存分に味わえる、「インディア・ペールエール」というスタイルのビールをご紹介します。「インディア・ペールエール(India Pale Ale)」はその頭文字をとって、「IPA(アイピーエー)」と呼ばれています。

イギリスが「太陽の沈まない国」と呼ばれた時代に誕生したIPA
IPAというスタイルは、強いホップの苦みと高いアルコール度数(5%~7.5%)が特徴のビールです。

「インディア・ペール・エール(IPA)」の「インディア」は「インド」のこと。IPAの誕生は、イギリスがインドを植民地にしていた時代に遡ります。イギリス本国から植民地インドまでビールを運ぶには、赤道を越え、アフリカ大陸の最南端をまわり、もう一度赤道を越えるという、過酷な気候の下での半年近くにもおよぶ航海が必要。当時は保存技術や冷蔵技術が発達していなかったため、インドに到着する頃には、ビールは劣化し、腐敗してしまうこともあったそうです。

そこで、バクテリア(雑菌)の繁殖を抑えて保存力を高めるため、通常のペールエール(代表的なものは「バス・ペールエール」)よりも麦芽を多く使用してアルコール度数を高め、バクテリアの繁殖を抑える働きをするホップを大量に加えたビールが、インド帝国向けに造られるようになりました。これが「インディア・ペールエール」の由来です。

現在のIPAは、当時のものよりもアルコール度数も苦みも抑えられ、飲みやすいビールになっています。

イギリスのIPAとアメリカのIPA
イギリスで誕生したIPAですが、現在IPAには、アメリカンスタイルとイングリッシュスタイルがあります。両者の違いは使用するホップの違い。アメリカンスタイルのIPAにはアメリカ品種のホップ、イングリッシュスタイルのIPAには英国品種のホップが使用されます。

ホップは産地や品種によって特徴が異なるため、同じIPAというスタイルのビールでも、アメリカンスタイルとイングリッシュスタイルとでは個性が異なります。
引用元:大人の味? ホップの苦味の強いビール [ビール] All About https://allabout.co.jp/gm/gc/220280/