ほきくにひと


2005年にコンピューター将棋
ボナンザを開発した人物
ほきくにひと(答)
24%
保木邦仁

文字パネル
2006年には「世界コンピュータ将棋選手権」で優勝している保木邦仁により開発された将棋プログラムの名前は?
ボナンザ(答)

保木 邦仁(ほき くにひと、1975年12月22日-)は、日本の物理化学者、知能情報学者。電気通信大学大学院情報理工学研究科准教授。コンピュータ将棋 Bonanzaの開発者。

来歴
北海道札幌市出身。北海道札幌東高等学校、東北大学理学部卒業。同大学院理学研究科修士課程修了後、同大学院理学研究科助教。

2000年から2003年まで、学術振興会特別研究員として研究生活を送る。その後、トロント大学で研究生活を送っていた2005年に趣味としてBonanzaを開発。2006年の第16回世界コンピュータ将棋選手権で、初出場初優勝を飾り注目を集める(当時はカナダにいたため、代理人が出席)。当時、保木自身は、将棋についてはほとんど知らない初心者であった。

2007年に、Bonanzaとプロ棋士の渡辺明竜王の特別対局が組まれ話題となった。

その後は、東北大学高等教育開発推進センターの助教として就任、光駆動の分子モーターなどに関する研究を行っていた[1]。

2010年8月からは電気通信大学先端領域教育研究センターに特任助教として着任。「知能情報学」分野で「思考型ゲームにおける合議法の展開と名人の知を超える人工知能の開発化学反応などに関する研究」を研究テーマとしている。2015年4月より電気通信大学大学院情報理工学系研究科の准教授に着任。引き続き知能情報学を研究分野とし、研究テーマは「思考型ゲームにおける高精度評価関数の設計及び人工知能の開発」。
引用元:保木邦仁 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E6%9C%A8%E9%82%A6%E4%BB%81

Bonanza(ボナンザ)は、コンピュータ将棋のプログラム。Windows用のフリーウェアとして公開されており、誰でも無償でダウンロードして利用できる。ソースコードも公開されている。

概要
作者は公開当時カナダ在住だった日本人の化学者保木邦仁。作成当時は将棋についてはほとんど知らないことも話題となった[2]。後に発行した本では、自らの棋力を「11級」と評した[3]。

2005年6月にver.1.0が公開。その棋力の高さは公開直後から渡辺明が自身のブログで「プロが平手で餌食になった」「奨励会有段者クラスがコロコロ負けているらしい」とたびたび話題にし[4]、渡辺自身も「10秒将棋[5]だと10回に1、2回はやられる」と述べた[6]。また、コンピュータらしくない自然な手を指すとの評が確立した。棋力の指標となる将棋倶楽部24でのレイティングは2006年当時で2400以上(アマチュア五段相当=主要アマチュア棋戦の県代表争いレベル)に達した。

メジャーアップデートされたver.2.0は2006年5月に行われた第16回世界コンピュータ将棋選手権大会にBonanzaとして初出場し、歴戦の将棋ソフトが居並ぶ中で初優勝した[7][8][9]。高性能なワークステーションで参加する者も多い中、Bonanzaは一般向けのノートパソコン (VAIO SZ-90S)、筐体を冷却するのは小型USB扇風機と、低スペックの環境での優勝であった。この赤い扇風機は、後に市販された初回限定版に同梱されるなどBonanzaの象徴となり、後述する渡辺との対局でも、Bonanzaのシンボルマークとして筐体の上に設置された(風は送っていない)。既に草創期を脱し強豪ソフトが固定化されてきた中、初出場での優勝、ノートパソコンでの優勝、フリーウェアの優勝という三重の「初づくし」は、コンピュータ将棋界に巨大な衝撃を与えた。
引用元:Bonanza – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Bonanza