Camatte


「東京おもちゃショー」2012に
トヨタ自動車が参考出品し話題
となった、子供でも運転できる
電気自動車は?
aCamtet
Camatte(答)
28%

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、6月1日(木)から4日(日)までの4日間*1、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「東京おもちゃショー2017」に、親子で楽しくクルマの運転を体験できるブースを出展する。

 トヨタは「クルマが持つ“夢”や“楽しさ”を次世代へと伝えていきたい」、「クルマを親子でもっと身近なものとして感じてもらいたい」という想いから、2012年より毎年、お子様向けに様々なコンセプトカー「Camatte」を「東京おもちゃショー」に出展している。

 本年の出展では、お子様がクルマのハンドル、アクセル、ブレーキの操作を学び、ブースにあるコースを実際にクルマで走行*2し、免許証を取得するまでを疑似体験できる自動車学校「Camatte School」を開催する。このような、お子様が実際にクルマの運転を体験できるブース出展は、今回が初めてとなる。

 「Camatte School」の走行コースで運転するクルマは、「Camatte」の新たな仲間「Camatte ペッタ*3」である。「Camatte ペッタ」は、車両外板に様々なアイテムをマグネット(磁石)で貼り付け、自分好みにデコレーションできるクルマとなっている。

ご参考「Camatte」シリーズの概要
 トヨタは、2012年にお子様が運転でき、かつボディを着せ替えることで、色やスタイルが変更可能なクルマ「Camatte そら」を初出展。翌2013年には、57枚の小型パネルでパズル感覚で組立て可能な「Camatte 57s」を公開。さらに2014年には、ブース全体でクルマの動く仕組みを学びつつ、お子様が自分で描いた絵をフード表面に映し出すことができる「Camatte Lab」を、2015年には、AR*4を用いて、自分が選択した好みのクルマで街中を走る疑似体験ができる「Camatte Vision & Camatte はじめ」、2016年には自分好みの空間をつくるトレーラー「Camatte Capsule」を出展している。
引用元:「Camatte School」でクルマの運転をしてみよう! | トヨタグローバルニュースルーム https://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/16892336